morebtn_bgfblinetwscope-invertscopepagetop_arrowblog-latestmorebtnvtickpagenextpageprevpagetophsjhshomecresthshomejhskindamasteruniv
児童教育コース

高校1年生と2年生が、お姉さん先生になって園児と一緒に過ごす実習がありました。

1年生と2年生の出し物は、

年中 花組 新聞紙で作るソフトクリーム・シルエットクイズ

年中 空組 牛乳パックのカエル・じゃんけん列車

年少 星組 楽器作り(マラカス、カスタネット)・ペープサート(紙人形劇)

年少 風組 楽器作り(マラカス、カスタネット、ギター)・手遊び

でした。

 

1年生は12月の実習の反省点を生かして、よりスムーズに進めることができるよう、各班のリーダーを中心に期末試験前から準備に取り掛かりました。

実習後の振り返りでは、「前回よりも緊張しなかった。」「恥ずかしがらずに園児に話しかけることができた。」「役割分担をきちんと決めておくことが大切。」など、成長を感じさせる内容の感想がでていました。

2年生は1年生よりも経験値が豊富なだけあって、1年生の出し物をしている時に、ささっとヘルプに回ってくれていました。さすが2年生だなと思いました。

さらに先生方は、高校生の準備した出し物がスムーズに進むよう、さりげなく流れを作ってくださったり、始まりや終わりの空気づくりをどのようにすればいいかを、実際に見せてくださっていました。

実習に参加する度に新たな発見があるので、生徒たちも毎回とても楽しく参加しています。

特に、園児たちの「ありがとう」「楽しかった」「またあそぼうね」と言ってくれる笑顔に会いたくて、次も頑張ろう!!と、なっています。

私も、次回の実習がとても楽しみです。

これなーんだ?
紙芝居「おむすびくん」
新聞紙のアイスクリームは何味かな?
手作り楽器で「おもちゃのちゃちゃちゃ♪」
自分の楽器にかわいいお絵かきしました。
お別れのご挨拶

 

 

お姉さん先生にハイタッチ!