morebtn_bgfblinetwscope-invertscopepagetop_arrowblog-latestmorebtnvtickpagenextpageprevpagetophsjhshomecresthshomejhskindamasteruniv
児童教育コース

今日は幼稚園実習。高校1年生と2年生の児童教育コースの生徒にとって、今年度最後の幼稚園実習です。今年1年、よく幼稚園に通いました。「お姉ちゃん先生」と呼ばれ、最初は少し照れ臭かった生徒たちも、だいぶ「先生」と呼ばれるのに慣れてきたみたいです。

高校1年生は「牛乳パックのヨーヨーつくり」「ペッタンカエル」「紙皿を使ったコマ」「紙コップのマラカス」を子どもたちと一緒に作って遊びました。高校2年生はパペットを作ってきて、それを使ってクイズを出したりして、笑顔で楽しんでいました。高校2年生は「さすが!」と1年生に言わせるほど、テキパキと指示を出したり子どもたちに声をかけたり、積極的に行動できたと思います。高校1年生は先輩に比べるとまだまだ‥という場面もありましたが、以前に比べると子供たちの輪の中に自然と入ることができるようになり、声もかけることができるようになりました。全員に関して感じたことは、笑顔の数がぐんと増えたこと。この1年間で大きく成長したと思います。学年が1つ上がり、生徒たちも今年以上に成長した「お姉さん先生」になることを期待しています。

〇高校2年生のパペットショー

〇「ペッタンカエル」を作っています。

〇上手に色を塗っているね!

〇ねぇねぇ、お姉さん先生、これでいいの?

〇紙皿のコマ作り。一生懸命色を塗っています。

〇お姉さん先生、上手やね。

〇マラカスに絵を描いています。

〇牛乳パックのヨーヨーつくり。何の絵を描いているのかな?

〇ヨーヨー完成!

児童教育コース 大喜多正仁