morebtn_bgfblinetwscope-invertscopepagetop_arrowblog-latestmorebtnvtickpagenextpageprevpagetophsjhshomecresthshomejhskindamasteruniv
フードスタディコース

健康栄養コース2年夏組の特別講座が開催されました。
講師は井上千加先生です。
クリスマス向けのレシピを用意していただきました。
1.Christmas リースパン
2.キャベツと長ネギの白いバターポタージュ
3.スノーボール
説明のあと、リースパンとスノーボールの生地つくりからスタートです。
リースパンは強力粉、スノーボールは薄力粉を使いますが、その理由なども丁寧に説明いただきました。
リースパン生地は1次発酵からです。
同じ小麦粉なのに、強力粉と薄力粉とではずいぶんと生地の仕上がりが違います。
スノーボールは、丸めた生地の大きさが違うと、同じ火加減で焼いても焼き上がりに目に見える差ができます。
お菓子つくりはいろいろと微妙な加減が必要なのだとあらためて実感しました。
リースパンの焼き上がりに時間がかかるので、その間、井上先生があらかじめ焼いてきてくださったパンをポタージュ、スノーボールとともにいただきました。
焼き上がったリースパンにリボンなどで飾り付けをしたあと完成です。
こんがり焼き上がったパンと、ポタージュ、スノーボールの白色が対照的で、クリスマスらしい美しい仕上がりになりました。

 

 

20151214_food_120151214_food_2

20151214_food_320151214_food_5

20151214_food_420151214_food_7

20151214_food_620151214_food_8

20151214_food_1020151214_food_9

20151214_food_11