morebtn_bgfblinetwscope-invertscopepagetop_arrowblog-latestmorebtnvtickpagenextpageprevpagetophsjhshomecresthshomejhskindamasteruniv
フードスタディコース

健康栄養コース・フードスタディコース2年夏組が、特別講座として手作りうどんに挑戦しました。

講師は、太鼓亭さんから前川茂生氏はじめ、総勢5人のスタッフという手厚い体制でした。

河内の者には太鼓亭さんはあまりなじみがないかもしれませんが、北摂地域を中心に、めん処「太鼓亭」、讃岐うどん「金比羅製麺」 、生そばセルフ「そば太鼓亭」、関西おだし専門店「だし藏」など、およそ50店舗を展開されている会社です。

今日は時間の都合でお話はありませんでしたが、太鼓亭さんのHP(http://taikotei.co.jp/%e5%a4%aa%e9%bc%93%e4%ba%ad%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%bc%e3%83%a0/)を見ると、「食品資源の有効活用のため、地域社会と連携して「食品リサイクル・ループ」に取り組んでいます。」とあり、食を大切にするための事業もされているようです。

その一貫として開催されている「うどん学校」を、今日は樟蔭に出向いて実践していただいたわけです。

うどんは、小麦粉、塩、水を材料として作りますが、その工程を、

水回し→団子づくり→足踏み→寝かせ→延ばし→切る→食べる

に1つずつ分けてテンポよく丁寧に解説していただいたあと、実践する作業を繰り返し、全員失敗することなくうまく完成させることができました。

延ばし工程を終えたうどんは、生徒たちの手で個性豊かに切られていきました。

ゆで時間は20分近くで、細かったうどんはそれなりに、太めのうどんは極太にゆであがりました。

このうどんを釜揚げ式で、「かけうどん」「ぶっかけうどん」「釜玉うどん」の三種の仕上げでたっぷりいただきました。通常のうどんの鉢よりも小さいですが、中には「8杯食べた」という生徒もいました。

最後に太鼓亭さんから「麺許皆伝」の証をいただきました。この証書には、麺許皆伝の裏に、今日習った作り方が書かれ、なんと麺棒がセットされています。“うどんつくって~”の声をかけていただければ、生徒たちがこの証書を持って駆けつけることでしょう。

最後の挨拶で「今まで食べたうどんの中で一番おいしかった」という言葉もあり、大満足で終えた講座でした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA