morebtn_bgfblinetwscope-invertscopepagetop_arrowblog-latestmorebtnvtickpagenextpageprevpagetophsjhshomecresthshomejhskindamasteruniv
フードスタディコース

今日は、樟蔭女子大学フードスタディーコースで調理実習を教えておられる坂根先生による特別授業。

Italianを得意とされているということで、本日のメニューは、THE  ”Italian”

「タコのカルパッチョ」と「アサリとブロッコリーのオレキエッテ(耳たぶの形に似たパスタ)」

デュラム・セモリナ粉を使っての、本格的生パスタ作りから教えていただくことに。

メニューも先生にも「初めまして‼」だったので、いつもより緊張しているようでした。

実習よりも・・・
先生の方に興味津々(笑)
初めて挑戦するので・・・
先生の手元にも注目‼

 

 

 

 

 

 

丸ごと一匹のタコにも「初めまして‼」です。
置き方のちょっとした工夫で、切りやすくなるそう。
ギザギザ・・・さすがですね。

 

 

 

 

 

 

 

チーズを削って、トッピング(乗せすぎ注意)
盛り付けのお手本
横からの姿も美しい・・・(おいしそう)

 

 

 

 

 

 

 

ゆであがったパスタが熱々のうちにササっと調理

 

 

 

 

 

 

 

 

いよいよ自分たちの番がやってきました。

3年生になっても初めての作業が盛りだくさんです。

レシピと手順を確認しながら、チームで分担していきます。

タコの調理担当
ギザギザ模様をつけながらのスライスに挑戦中
思った以上に、ギザギザ模様の難易度高し。
盛り付けも、なかなか難しい・・・。

 

 

 

 

 

 

 

はじめて作るオレキエッテ
部屋の乾燥具合によって、水分量を調節
パン作りでも必要な「ベンチタイム」

 

 

 

 

 

 

 

「Farm to Table」今日も実践。

途中、ベンチタイムを利用して全員でトッピング用のイタリアンパセリを収穫しに行きました。

収穫の仕方にもお作法のようなものがあります。
採れたてを使います。

 

 

 

 

 

 

 

作業に入ると、緊張もほぐれたのか、いつものように笑顔で実習していました。

タコを丸ごと一匹使ったので、一人一皿のカルパッチョ。

ボリュームたっぷりなlunchができました。

次回のメニューも楽しみですね。

 

生地をこねる作業はみんな手慣れたものですね。
ひとつひとつ「形」が違うのも、味ですね。
いい感じ。
オリーブとニンニクとアサリの香り・・・お昼の時間にはたまらない香りです。

 

 

 

 

 

 

 

完成間近・・・お腹が鳴る~。
完成‼
たっぷりできました。さあ、buon appetito ‼