morebtn_bgfblinetwscope-invertscopepagetop_arrowblog-latestmorebtnvtickpagenextpageprevpagetophsjhshomecresthshomejhskindamasteruniv
フードスタディコース

高校1年生フードスタディコース特別講座の様子をお届けします。

12月17日、奈良県の生駒郡にある、重要文化財建造物中家住宅へ校外学習へ行きました。

中家は伝統ある住宅で、茅葺屋根に日本最大の竈を持つお宅です。

そこで竈をお借りし、竈ご飯を炊くという体験をさせて頂きました。11の竈が並びます。

かまど料理研究家の宮谷さんよりレクチャーしていただき、いざ体験!

息を吹き込んで火を大きくしていきます。全員参加で体験しました。

左2つがごはん、右2つで味噌汁を作っています。

煙は茅葺屋根から抜けていきます。

炊き立てホカホカのかまどごはんです。ツヤツヤ!

電気釜とは違う美味しさを感じました。

食べている間には、「自分たちでフーフーして作ったと思うと、より美味しいな~」なんて声も聞こえてきました。冷めても硬くならずおいしいご飯は、お土産に持って帰らせてもらえました。

竈で炊いた、美味しいご飯とお味噌汁を食べながら、次はお勉強の時間です。

宮奥左官工業の宮内さんから、竈の復元工事のお話をお伺いしました。

写真とお話から、竈の構造やこだわり・工夫を学びました。竈の足元は瓦が使われているなど、話を聞いた後に竈を見ると、見る目が変わりました。

次は、竈i研究会さんより、竈の歴史や魅力を教わりました。

竈は一度体験すると、本当に美味しいし、奥深いし、ハマる気持ちがわかりました。

次は、中家と梅干しの話を地元の安堵町ボランティア団体「おはなし会ねこじゃらし」さんが紙芝居の読み聞かせをしてくださいました。心のこもった読み聞かせと、BGMやイラストの迫力に、本物の声優さんみたい!と生徒にも大好評でした。そのあと、実際にお家で代々大切に守られてきた、455年前と245年前の梅干しを見せて頂きました。

何と、若い方の245年ものの梅干しでも解体新書と同い年と聞いてみんなびっくり。教科書に載るようなすごい時代のもの!!と興味津々で壺の中を覗いていました。ご厚意で445年物の梅干しの様子も写真に撮らせて頂きました。それがこちら↓

水分が抜けてキュッとなっていました。どんな味か気になりますね。

NHK「チコちゃんに叱られる!」でも取り上げられたことがあるんだとか。大変貴重なものを見せて頂きありがとうございました。

 

竈のことを中心に、色々なことを学べた1日でした。中家のみなさん、宮谷さん、宮奥さん、竈i研究会のみなさん、ねこじゃらしのみなさんありがとうございました!