morebtn_bgfblinetwscope-invertscopepagetop_arrowblog-latestmorebtnvtickpagenextpageprevpagetophsjhshomecresthshomejhskindamasteruniv
看護系進学コース

先日あった病院体験実習の記事の続きです。

 

気管挿入の練習、よく撮れている写真を見つけました。

気管挿入も、看護師の大切な仕事ですね。

この体験を、ぜひ看護学校でも思い出してもらいたいです。

 

そのあとは、病院見学。

病院内の各施設や、病棟を見学させていただきました。

 

その中で、発達センター内にある感覚統合療法室。

子どもの療育に使用する部屋なのですが…

生徒たちも体験させていただきました。

まずは説明を聞きます。

 

そのあとは、体験…

みんな、とても楽しそうでした。

いつか患者さんと向き合うときに、このときの気持ちを思い出してね。

 

病院見学の間に、

実際にデイケアセンターで患者さんとふれあう機会をいただきました。

30分ほどですが、みんな一生懸命患者さんとコミュニケーションをとりました。

プライバシーのため、写真はありませんが、毎年この実習で生徒たちがよい方に変わっていく

姿を見ることができます。

 

その後は、認知症サポーター認定講座を受けます

オレンジリングもいただきました。

 

医療従事者を目指すことは、それだけでも覚悟が必要なことですし、

職業についてからも仕事を続ける以上は、日々の努力が必要とされます。

樟蔭の生徒たちも、いつか勉強の大変さや、仕事の大変さに追われたときに、

「なぜ私はこの道を選んだんやろ…」と迷ってしまうときがくると思われます。

その時には、この実習をはじめとする、樟蔭での経験を思い出してほしいと思います。

 

この学校生活が、医療人としての「原点」になるよう、

スタッフ一同、これからもサポートしていこうと思います。