morebtn_bgfblinetwscope-invertscopepagetop_arrowblog-latestmorebtnvtickpagenextpageprevpagetophsjhshomecresthshomejhskindamasteruniv
ワンダーフォーゲル部

毎月恒例、ワンダーフォーゲルクラブの登山報告です。去る3月12日(日)に、今年度最後の登山に行ってきました。行先は六甲山。顧問が好きな山なので今年度もよく行きました。

ルートは油コブシから六甲ガーデンテラスを経て、紅葉谷を通り有馬温泉に下る道でした。六甲はどのルートを通っても歩き出してすぐに急な坂を登らなければいけません。準備運動にあたる「散歩」的なウォーキングなしで山に登るのです。そういう意味では六甲はきつい山です。でもその登りもせいぜい2時間程度。上まで登れば車道もあり、ゴルフ場やホテル、別荘もある「避暑地」です。それでもいろいろな姿を見せてくれる六甲は、楽しい山です。

さて、六甲ケーブル下でバスを降りた私たちは、ケーブルを横目に油コブシの急登へ。尾根道の登りなので景色はいいのですが、苦しいのぼりが続き、みんな下を向いて歩いていました。油コブシの三角点を過ぎ、六甲山の上にあるゴルフ場の中を歩き、やっとのことで六甲ガーデンテラスへ。ここはおしゃれな店や塔のような展望台、お土産屋さんもある、生徒にとってはパラダイスの場所。ここでお昼ご飯を食べ、あとは有馬温泉まで下るのみ。

さすがに下りは登りと違い、生徒たちもいろんな話をしゃべりながら元気に歩いていました。と突然、目の前の道が通行止めに!といっても、実は昼食後に歩き出してすぐ「この先は通行止めの区間があります。迂回路を通ってください」という立て看板があったので驚きはしませんでしたし、すぐ横に迂回路へ行く道しるべがあったのでそちらの方に。

しかし、この迂回路が実は大変な迂回路だったのです。紅葉谷は名の通り「谷道」。しかし、迂回路は「尾根道」。せっかつ昼食を食べた場所から紅葉谷まで下ったのに、迂回路までまたまた登り。みんなおなかもいっぱいだったし疲れもたまってきていたので、この登りは本当にきつかったです。でもみんな有馬温泉まで行くと「足湯」に入れる…。それを楽しみに頑張って歩きました。

そしてやっと有馬温泉に到着。さすがに日本でも有数の温泉地。観光客でいっぱい!なので、あんなに楽しみにしていた足湯にも入れず。「泣きっ面に蜂」でした。

これで今年度の定例登山も終了。今年度も月に1度の登山を実行でき、充実した1年になりました。このように毎月登山の報告は今年度が初めて。これからもワンゲルクラブの広報を兼ねて続けていきたいと思います。これからもよろしくお願いいたします。そして本校に入学された際には、ぜひワンゲルクラブに入部していただいて、一緒にいろいろな場所に行って、きれいな景色を見て感動し、おいしい食べ物を食べて感動したいと思います。

〇目の前にケーブルがありましたが、もちろん乗りません

IMG_7645

〇六甲ガーデンテラスでお昼ご飯

IMG_7652

〇展望台にもなっている塔です

IMG_7653

〇登山靴を脱ぐと気持ちがいい!

IMG_7660

〇「先生、あれはどこ?」

IMG_7669

〇今回参加したメンバーです

IMG_7672

〇紅葉谷への道。下りが続きます

IMG_7677

〇道標がこんなにも埋もれていました

IMG_7686