morebtn_bgfblinetwscope-invertscopepagetop_arrowblog-latestmorebtnvtickpagenextpageprevpagetophsjhshomecresthshomejhskindamasteruniv
ワンダーフォーゲル部

時が経つのは早いもので、今年度4月の活動報告をしなければしなければと気だけが焦って、今日になりました。本当に遅ればせながら4月の活動報告をさせていただきます。なお、この後矢継ぎ早に5月・6月と報告させていただく予定です。

4月といえば何といっても桜の季節。桜といえば吉野。ということで、4月のワンゲルクラブは花見を兼ねたプログラムで、吉野へ行ってきました。

吉野の桜は全国的に有名です。本当に日本の各地から、老若男女を問わず吉野に花見にやってきます。ということで、行きの電車から超満員。駅に降りても超満員。もちろん道も超満員。ということで、少し裏道を通って如意輪寺へ。ここは楠木正成の長男、正行が時世の歌を残したお寺で、菊水の紋があちらこちらに。「樟蔭と一緒や!」と生徒の声が(歴史的にはもちろん如意輪寺の方が先ですが)。ここまでくる間にも桜は満開で、私たちの目を楽しませてくれました。

見晴らしの良い場所でお昼ご飯を食べたのち、歌舞伎の「義経千本桜」でご存知の花矢倉へ。ここから見下ろす桜も絶景で、しばし疲れを忘れました。

今が盛りの桜たちをあとに、吉野の町の中心へ。そこでは歩いてきたご褒美として「桜ソフト」がお待ちかね。桜の味がほんのりするソフトクリームに舌鼓を打ちながら、帰り客でごった返す吉野駅を目指して歩いていきました。

 

〇駅からほんの少し歩いたところでも満開です。

〇如意輪寺の本堂

〇桜の下でランチタイム

〇一目千本!