morebtn_bgfblinetwscope-invertscopepagetop_arrowblog-latestmorebtnvtickpagenextpageprevpagetophsjhshomecresthshomejhskindamasteruniv
総合進学コース

樟蔭中学校 総合コースでは中1・中2でSSレッスン(美文字)の授業があり、「きれいな文字を書くこと」を目標に作品作りを楽しんでいます。

今日は中2の授業での取り組み「額縁作り」についてご紹介します。

これまではがきや色紙などを使った作品を作ってきましたが、今回は作品を彩る額縁にチャレンジ!

額縁を作ろうと思ったきっかけは、授業やHRで「SDGs」について学習したことにあります。

実はこの額縁、「iPad」の梱包材として使われたものリサイクルして作ったもの。

中学では全学年1人1台iPadを教材として使用しており、新年度学校に届いたiPadを開封する中で出てきた廃材がたくさん出ました。

 

四角く均等にそろったきれいな段ボール…。捨てるのはもったいない!

ということで、丈夫で真四角という利点を生かして額縁作りへ。

 

まずは不要なパーツを切り取り、絵の具で染めた紙でデコレーションします。

額縁に入れる作品はそれぞれに選んだ言葉を筆ペンや筆で納得がいくまで練習し、完成させます。

2年目の授業となれば、筆も筆ペンもお手の物…かな?

カラフルに縁どられた額縁は一つ一つ個性があふれたものとなり、作品をより素敵なものにしてくれました。

意識せず捨てていたものもいろいろな工夫を重ねて、新しい何かへと変化する、そのおもしろさを楽しめたことでしょう。

これからも広くアンテナを張って「SDGs」につながる行動をしていけるといいですね。