morebtn_bgfblinetwscope-invertscopepagetop_arrowblog-latestmorebtnvtickpagenextpageprevpagetophsjhshomecresthshomejhskindamasteruniv
高大連携

今日の高大連携 生活とデザインは、大阪樟蔭女子大学の化粧ファッション学科について、

大学の 森 優子先生にお話を聞きました。

来年度入学生からは、ファッション学コース、化粧学コースは90名定員で

大学3回生からコースをきちんと決められるそうです。

美容コース30名は、入学後から国家試験を目指し勉強します。

大学で取れる資格や、それを持っていたら何になれるのか、

お話を聞きました。

ファッション学コースは、衣料管理士(テキスタイルアドバイザー)が、

大阪で唯一取れるのは樟蔭で、 授業をきちんとうけ、単位を取得すれば1級が取れます。

これは就職に有利です。

スタイリストになった先輩や、リカちゃんの洋服を作成している方の話を聞きました。

 

化粧学コースに進むと、セルフメイク自分への化粧、他者への化粧、

エステ、ネイルなど学ぶことができます。JMAメイクアップ技術検定が1級まで取れます。

美容コースの進路は、JMAメイクアップ技術検定が2、3級が取れ、美容の国家資格もとれますが、

みんなが美容に進むわけではないそうです。

 

お話を聞いた後は、プリントスタイルの「ブローチ」をつくりました。

針を使わずできるブローチでした。

大学生が作った柄をプリントした布を使いブローチをつくります。

  

一番みじかな大学ですが、あまり知らない話だったと思います。

竹中洋子