morebtn_bgfblinetwscope-invertscopepagetop_arrowblog-latestmorebtnvtickpagenextpageprevpagetophsjhshomecresthshomejhskindamasteruniv
図書館だより

7月16日のy.fさんの図書館便りで、本の買い出しが話題になっていましたが、私もそれについて行きました。

色んな本に目移りしているとき、ふと目にとまったのが「少年探偵団大研究」という分厚い本です。

「少年探偵団」!なんという懐かしい響き。そう、正に私が少年の頃、ポプラ社の「少年探偵団」シリーズを貪るように読んだ記憶が甦ってきました。

「少年探偵団」シリーズは、江戸川乱歩の探偵小説「黄金仮面」などをジュブナイルとして書き直してありますが、おどろおどろしさはそのままで、子ども心にドキドキしながらページをめくったものでした。

その「大研究」という本が出ている!ページをめくってみると、あらすじや挿絵、評論などが載っている!これは欲しい!思わず買い物カートに放り込みました。

でも、先生が選んだからと言って、必ず採用されるとは限りません。司書の方々の厳しい選定を受けます。

さて、「少年探偵団大研究」は購入されたのか?みなさん、図書館で確かめよう! (s.i.)