morebtn_bgfblinetwscope-invertscopepagetop_arrowblog-latestmorebtnvtickpagenextpageprevpagetophsjhshomecresthshomejhskindamasteruniv
図書館だより

 「スラムダンク」で有名な井上雄彦さんのもうひとつのバスケットボール漫画、「リアル」を紹介します。

リオパラリンピックでも話題になった車いすバスケットボールの世界を描いた問題作です。

元々はピアニストであり短距離走の有力選手であったが、骨肉腫により右脚を切断、その後車イスバスケと出会い、様々な挫折や困難と闘っていき、車いすバスケットボールの選抜候補選手にまでなる戸川清春。

小学校から高校までバスケに打ち込んでいたが、交通事故により友達を下半身付随にしてしまい、その罪の意識に苛まれ高校も中退してしまう野宮朋美。しかし、戸川との出会いをきっかけにプロバスケットボール選手を目指して新たな一歩を踏み出す。

野宮とは高校バスケ部のチームメイトであり、小学校からバスケに打ち込んできたが、交通事故により下半身不随になり、それを受け入れることができず自暴自棄になる高橋久信。野宮と衝突するなど自尊心の強い性格であったが、様々な人々との出会いにより少しずつ自分を変え、新たに車イスバスケに自分の活路を見出そうとする。 

現実(リアル)に起こる困難と闘っていく三名と、その周辺の人物の描写に焦点が当てられます。

とことん明るい「スラムダンク」の世界とは違い、障碍者に焦点を当てた、重いテーマの物語です。

しかし、そんなに多くはないのですが、車いすバスケットボールの試合のシーンは迫力があり、そこは「スラムダンク」の試合シーンを彷彿とさせます。

相変わらず井上雄彦さんの圧倒的な画力には驚かされます。そしてその心理描写は文学的ですらあります。(s.i.)

(下の画像はリアルのHPで公開している壁紙素材です。)

real14_1280x1024