morebtn_bgfblinetwscope-invertscopepagetop_arrowblog-latestmorebtnvtickpagenextpageprevpagetophsjhshomecresthshomejhskindamasteruniv
図書館だより

森宮優子、十七歳。継父継母が変われば名字も変わる。だけどいつでも両親を愛し、愛されていた。

「私には父親が三人、母親が二人いる。 家族の形態は、十七年間で七回も変わった。 でも、全然不幸ではないのだ。」 身近な人が愛おしくなる。

読後は体がポカポカするような温かい気持ちになり、なかなか余韻が抜けません。本屋大賞1位にふさわしい名作です。

図書館に有るので一度読んでみてくださいね。

(

y.h)