morebtn_bgfblinetwscope-invertscopepagetop_arrowblog-latestmorebtnvtickpagenextpageprevpagetophsjhshomecresthshomejhskindamasteruniv
校長ブログ

 樟蔭中学校・高等学校の表現系クラブの全国大会での活躍が続きました。まず、8月16日に高校のダンス部日本一を決める「第9回日本高校ダンス部選手権」全国大会のスモールクラス(12人以下)決勝が横浜市で行われました。全国予選を勝ち抜いた50校による大会でしたが、樟蔭高校ダンス部は第3位になりました。身体表現コースの第1期生が高校3年になり、これまでの練習の積み重ねが一気に開花したものでした。

 次に、8月28日に中学校ダンス部の「第5回日本中学校ダンス部選手権」全国決勝大会が千葉県浦安市で行われ、全国3地区の予選を勝ち抜いた20校による演技の中、樟蔭中学校ダンス部が見事に優勝を果たしました。先輩である高校生のリードのもと、着実に実力を付けてきた素晴らしい結果でした。また、樟蔭中学校ダンス部は9月10日に東京で開かれた「第4回全日本小中学生ダンスコンクール全国大会」で最高位である金賞を獲得しました。

 さらに、9月1日から4日までの日程で、東京体育館で行われた「JAPAN CUP 2016 第20回全国高等学校マーチングバンド・ポンポン・バトントワリング選抜大会 及び 第16回ジャパンカップマーチングバンド・バトントワリング全国大会」において、樟蔭中学校・樟蔭高校バトン部及びポンポンチア部が大活躍しました。結果は、樟蔭中学校バトン部が全国4連覇、樟蔭中学校ポンポンチームが全国7連覇、樟蔭高校バトン部が惜しくも4年連続全国準優勝、樟蔭高校ポンポンチームが全国7連覇という凄まじいものでした。

 また、樟蔭高校新体操部はすでに今年の3月に長野市で行われた「第31回全国高等学校新体操選抜大会」において8位入賞を果たしており、さらに、OGがメンバーである大阪樟蔭女子大学AGGチームが全国制覇をして、世界選手権に出場するなど、中学・高校・大学がそれぞれ着実にレベルアップを続けています。

表現系クラブ以外でも結果を残しているクラブも多く、生徒一人一人が真剣に練習に打ち込む様子からは、何か大きなものを学ぶことが出来そうです。文化系クラブも合わせて、これからも学園全体でしっかりとサポートしていきたいと思っています。