morebtn_bgfblinetwscope-invertscopepagetop_arrowblog-latestmorebtnvtickpagenextpageprevpagetophsjhshomecresthshomejhskindamasteruniv
校長ブログ

コロナ禍の大変厳しい状況の中でしたが、東京オリンピック・パラリンピックが多くの感動に包まれ閉幕しました。この間、テレビにくぎ付けという人は沢山いたと思います。私も多くのアスリートたちのインタビューを見ましたが、それぞれにドラマがあり、人生について多くのことを考えさせられました。
そのインタビューを通じて、アスリートのみんなに共通して言えることがありました。それは、多くの失敗や挫折もあり練習も大変厳しいものだったが、みんなその競技が本当に好きだということです。このことについて、2学期の始業式で生徒たちに次のようなお話をしました。

「好きこそものの上手なれ」という言葉がありますが、誰でも好きなことには一生懸命に取り組みます。また、そのことに関して勉強したり工夫したりするので、自然に上達するものです。習い事などで、嫌だと思いながら無理してやっても、大きな成長はないでしょう。何事も、好きであってこそ上手になるということです。
現在何かに打ち込んでいるものがある人、きっとそれはそれが好きだからでしょう。今は未熟であっても、本当に好きならば上達する望みがあるでしょう。今は打ち込むことがない人、それほど好きなものがない人、これからそれを見付けてみましょう。

本校が目指している教育は「個に応じた教育」です。言い換えれば、個性を尊重し、一人一人を大切にする教育を心掛けています。生徒が個性を伸ばして行くことや、自分の能力や適性を発見して伸ばして行くためのサポートに努めています。
本校が女子だけの学校であり、男子の目を気にせず伸び伸びと学校生活を送ることができることや、他人に頼らない女性として成長していく環境にあることが、それを可能にする要因となっています。

生徒のアンケートによると、「現在、何か打ち込むものがありますか」という問いに対する肯定的な回答が、高校生が8割近く、中学生は8割を大きく超える結果となっています。その内容までは細かく調査していませんが、クラブ活動やボランティア活動、英語学習、習い事・・・、様々なものがあると思います。自分が好きなことに出会うためにも、いろんなことに取り組んで欲しいものです。

校 長  楠野 宣孝

【English version】”Things we like.”

The Tokyo Olympics and Paralympics have now come to a close and despite the difficulties caused by COVID-19, they were a heart-warming success. I’m sure many of us were glued to our screens at home, enjoying the games. I watched many interviews with the athletes and was struck by the various accounts of what they had to overcome to reach the games. Listening to the athletes, I learned that most of them had one thing in common. They all had many failures and disappointments on their road to the Olympics, and their training was extremely hard. Nevertheless, their love of the sport was strong. At the opening ceremony of the second term, I told the students a similar kind of story.

You improve at something if you love it. Anybody will work hard, study and try various techniques, if they love what they are doing, and will naturally become good at it. If people push themselves to do something they don’t like, they seldom improve at it. With all things, it’s important to love it if you want to become good at it.
If someone devotes themselves to something, even if they are only a novice at first, they will surely improve if they have passion for what they’re doing. And I urge those who are not devoting themselves to anything to look for something they love doing.

Schools strive to provide education that complies with the individual. In other words, educating while respecting the student’s individuality. Teachers make efforts in order to support students to develop and discover their own abilities and talents. With our school being a girls-only school, students can continue to grow without the concern of what boys think of them, providing an environment where girls can develop into independent ladies.

In the student questionnaire, around 80% of both junior high and high school students replied positively to the question: “Are you currently devoting yourself to anything?” The details of the results are not specific, but I’m sure the answers will include club activities, volunteer activities, studying English and various other hobbies. I hope students continue to try many different things in order to find something they can feel passionate about.

Principal Nobutaka Kusuno