morebtn_bgfblinetwscope-invertscopepagetop_arrowblog-latestmorebtnvtickpagenextpageprevpagetophsjhshomecresthshomejhskindamasteruniv
校長ブログ

1月10日は成人の日です。新型コロナウィルスの影響で制限を受けながらも、様々な工夫をして成人式が各地で行われました。今年の全国の新成人は122万人で、前年より3万人の減となります。新たに男性は63万人、女性は59万人の人が成人となりました。
成人式は法律に示されているように、成人年齢に達した青年を行政などが祝福・激励し、それに対して新成人が責任ある自立した社会人として、より良い社会の創造に貢献していくことを決意し誓うためのものです。

その成人年齢が民法の改正により2022年4月、すなわち今年の4月から20歳から18歳に引き下げられます。成人年齢が変わるのは約140年ぶりのことです。
世界的には成人年齢は18歳とするのが主流となっていますが、日本でも国政上の重要な判断に18歳から参加すべきという流れや、民法でも18歳以上を大人として扱うべきではないかという議論が進められ、この度改正ということになりました。
また、少子高齢化が進む中で、若者たちがより早く社会参加することにより、社会に活力を与えたいということもあるようです。

これまで公職選挙法の選挙権年齢や憲法改正国民投票の投票権年齢を18歳と定めるなど、18歳、19歳の若者にも国政の重要な判断に参加してもらうための政策が進められてきましたが、その若者たちが今度は成人となります。
そこで、成人年齢が18歳になることによって、何ができるようになり、何が変わらないのかをしっかりと理解することが重要になります。高校在学中に成人となる人にとって、各人が自覚しておかなければならないことをいくつか挙げてみます。

大きな変更点の一つは、18歳になったら1人で契約を行えるようになることです。例えば、親の同意がなくてもクレジットカードを作ったり、携帯電話を契約したりできることになります。様々なローンを組んだり、賃貸契約をしたりすることも法律上は可能になります。
しかし、契約を取り消すことができなくなることや、悪徳商法に巻き込まれるなど、消費者被害の恐れが出てきます。成人としての自覚と責任が問われます。

その他にも、裁判員に選ばれるようになる年齢も20歳から18歳に引き下げられることや、女性が結婚できる年齢が16歳から男性と同じく18歳となります。
また、成人年齢の引き下げに合わせて少年法も改正されました。18歳と19歳は「特定少年」として子どもと大人の間のような位置づけで、17歳以下とは一部異なる取り扱いも設けられます。例えば、起訴されると公開の法廷で裁判を受けることになり、実名や顔写真などを報道することも可能となります。

成人年齢が18歳になっても変わらないことをいくつか挙げてみます。飲酒や喫煙はこれまで通り20歳未満は禁止です。また、競馬や競輪など4つの公営ギャンブルもこれまで通り20歳未満は禁止です。健康面への影響や非行防止、青少年保護等の観点から、現状維持となっています。
このように、生徒たちの生活に関わってくることがたくさんありますが、生徒たちに聞いてもあまり実感はないようです。しかし、あと2ヶ月で成人となります。気持ちの準備を今からしっかりして欲しいと願っています。

校 長  楠野 宣孝

【English version】”Coming of Age.”

January 10th was Coming-of-age Day, and in spite of the restrictions imposed by the coronavirus, ceremonies were carried out across the country. This year, 1,220,000 people took part in the ceremony; 30,000 less than the previous year. 630,000 males and 590,000 females “came of age.” It is a ceremony whereby young people become adults in the eyes of the law and are not only blessed and encouraged, but also take on responsibility and independence, vowing to contribute to the creation of a better society.

Under the revision of the civil law, the age at which young people become adults has been lowered from 20 to 18 from April 2022. This is the first time in 140 years such a change has taken place. Countries around the world consider 18 to be the legal age at which people should be treated as adults, and the Japanese government has now decided to follow suit.
Also, amidst the declining birthrate and ageing population in Japan, it is an opportunity for young people to contribute to society from an earlier age.

Under changes in the constitution, people aged 18 and 19 now also have the right to vote in general elections giving them more influence on the politics of the country. However, it is important to bear in mind what one can do, and what does not change when we become an adult. I’d like to mention several things to be aware of for people turning 18 who are still undertaking their studies at school.

One major change that occurs when we turn 18 years old is the ability to make contracts for things such as credit cards and mobile phones without our parents’ consent. It is also legally possible to take out financial loans and make contracts with real estate companies.
However, the danger of coming into financial trouble arises when contracts cannot be cancelled, and people fall victim to fraudulent business practices. This calls into question the awareness and responsibility of being an adult.

Other changes in the law include the possibility of being called to do jury service in court from the age of 18. Also, women can now legally marry from age 16, and men from age 18.
With the lowering of the legal age from 20 to 18, there have also been changes to the juvenile law system. People aged 18 and 19 are now classed as “between adolescent and adult” and are treated differently from those under the age of 17. For example, if prosecuted, they are subject to public court hearings with their names and faces being made public.

Things which do not change even when we turn 18, are the laws concerning alcohol and tobacco, which are there to preserve the health of young people and help prevent delinquent behavior. 20 is still the legal age at which we can consume alcohol or smoke tobacco, along with gambling and betting on horse races etc.
These various changes may greatly affect the lives of students in ways they may not yet be aware of. Nevertheless, many students will become “adults” within the next two months. I hope that they start to prepare themselves now for the changes to come.

Principal Nobutaka Kusuno