morebtn_bgfblinetwscope-invertscopepagetop_arrowblog-latestmorebtnvtickpagenextpageprevpagetophsjhshomecresthshomejhskindamasteruniv
樟蔭レポート

こんにちは。6年一貫コース中高副校長の永井利和です。

今日は中学校で行っている「生活学習ノート」についてのご紹介です。
2013012909580001.jpg

このノートは樟蔭が6年一貫コースの立ち上げと同時にはじめました。
今では生徒と保護者、担任をつなぐものとして樟蔭中学校生活に欠かせないアイテムになっています。

樟蔭中学校の朝はこの「生活学習ノート」を集めるところからはじまります。
生徒たちはこのノートに日々の出来事(起床時間、帰宅時間、就寝時間、持ち物や連絡、その日の感想)や
学習記録(復習や宿題内容、家庭学習時間など)を毎日記入していきます。

担任は毎日一人一人、生徒の顔を思い浮かべながら
生徒の記入したまたは保護者からのコメントが書かれたノートを読み
コメントします。
そして毎日の生徒たちの把握に努めます。
子どもたちの小さな変化、成長、悩みや保護者の思いなど様々な情報が担任の頭の中にインプットされます。
それが子どもたち・保護者との深い信頼関係を生んでいきます。

また、このノートの毎日の記入欄の先頭には「今週のチャレンジ」を記入する欄があります。
常に目標を持って『チャレンジする習慣』を身につけるように工夫されています。
目標を持って生きることが有意義な人生を送るコツです。その習慣を中学時代に体得できるようになっています。

巻末には定期テストの計画表・読書の記録欄もついています。

中学時代の自分の足跡として
このノートが生徒たちの人生の『財産』になります。