morebtn_bgfblinetwscope-invertscopepagetop_arrowblog-latestmorebtnvtickpagenextpageprevpagetophsjhshomecresthshomejhskindamasteruniv
樟蔭レポート

皆さん、こんにちは!
暑い日が続いていますが、お元気でお過ごしでしょうか?
中学校ソフトテニス部監督の私は7月18日の終業式(中止となりました)の午後から昨日7月31日
まで、7月18日(中河内団体戦予選)、21日(大阪府大会団体戦・近畿大会予選)、23、24日(大
阪府大会個人戦・近畿大会予選)、26日(中河内団体戦・大阪府大会予選)、31日(東大阪市民
大会個人戦)と、連日のように監督業務をしてきました。
おかげで顔や手足は真っ黒になり、校内では不審な視線を送る生徒や学生、職員もいます。
(不審者に思われても仕方がないかもしれません。本当に焼けています。)
そんな中、生徒たちは頑張り、府大会団体戦は準優勝、府大会個人戦ではベスト8に1ペア、ベスト
16に2ペア、2回戦進出1ペアの成績をおさめました。中でも団体戦は決勝は3面同時展開の中、
2番相手大将ペアが先ず勝ち、次に1番樟蔭ペアが勝利し、1勝1敗になりました。3番の試合も
長いラリーが随所に見られる白熱した試合となり、ついに3ゲームオールで最終ゲームに入りまし
た。惜しくも勝利することはできませんでしたが、観客の予想を上回る良い試合が出来たと思います。
個人戦も最終ゲームに持ち込む試合で粘りを示しましたが、あと1歩というところで近畿大会出場
は1ペアにとどまりました。残念ですが、生徒たちはそこそこの力は発揮したと思います。
猛暑の中、生徒たちは1年生から3年生までそれぞれ頑張っています。終業式の後から入部して
きた1年生もおり、この暑さに負けずにやれるかな?と心配しながらみています。1年生もゲーム
練習を始めていますので、夏の終わりには公式戦にデビユーする生徒もいます。まずはこの夏を
乗り切って欲しいです。
教室で学ぶことも沢山ありますが、先輩たちの日々の取り組み、試合での頑張りを見ることも、1年生にとっては大きな勉強だと思います。上級生はまた下級生が良いことも悪いことも見ているということを頭において取り組んでいけるとクラブの中に良い流れができるはずです。 子供たちも苦しい時がありますが、ご家庭でも暖かく見守っていただけるとありがたいです。
8月に入り、4日(東大阪市民大会団体戦)、6、7日(大阪私学大会・舞洲コート)、9,10,11日
(近畿大会・奈良県明日香庭球場)、18日(大阪府秋季総体団体戦)、23、30日(東大阪総体個人戦・団体戦)と試合が行われます。
近畿大会の成績が良ければ、21日から山形県天童市で行われる全国大会に出場するかもしれません。(今年は正直全国のハードルは高いかな?でも可能性はゼロではないので)
7、8年のブランクがあり、筋力が衰えている60歳を過ぎた私の身体には正直少々?(かなり)負荷が大きい気がしますが、子供たちの元気をもらいながら、そして頑張り過ぎないように、夏を乗り
越えたいと思っています。(帽子、サングラス、日除け用の大きな傘は必需品です)
樟蔭学園、ならびに樟蔭中学校ソフトテニス部にご声援いただきますように、今後ともよろしくお願いいたします。
皆様もくれぐれもご自愛くださいますように。
中学校副校長  高木秀真