morebtn_bgfblinetwscope-invertscopepagetop_arrowblog-latestmorebtnvtickpagenextpageprevpagetophsjhshomecresthshomejhskindamasteruniv
樟蔭レポート

もうすぐクリスマスですね。

最近、クリスマスが近づくと、玄関にリースなどさまざまな飾り付けをされる家が増えてきました。
皆さんはクリスマスリースが持つ意味や歴史など知っていますか?
クリスマスに飾るものなので、宗教的な意味合いもありますが、現代の私たちの身の回りではクリスマスを楽しむひとつのアイテムとして親しまれています。

20151218_1

諸説あるようですが、古くは古代ローマ時代から始まり、主に祭事のときの冠として使用されたといわれています。
リースは英語で“wreath”と書き、主に、輪の形をしていることから「永遠」を意味し、「始めも終わりもない、永遠に続く神の愛」を表しているそうです。

20151218_2

クリスマスリースの素材には、葉の魔除けをはじめ、それぞれに意味があるもので、魔除けや、豊作祈願にまつわるもの、そして宗教的意味合いのあるものが使われています
モミノキ・マツ・月桂樹などの常緑樹の葉…豊作物の繁栄
ヒイラギの葉・リボン・ベル…魔除け
ヒイラギの赤い実…太陽の炎・キリストの流した血
松ぼっくり・麦の穂・葡萄の蔓リンゴなどの作物に関係するもの…収穫

20151218_3

クリスマスリースに使われる色にも意味があります。
「緑」…永遠の命・神への愛
「赤」…太陽・キリストの血・愛と寛大さ
「白」…純潔・雪・純粋な心
「金・銀」…富・豊かさ・ベツレヘムの星

みなさんも近くでリースを見かけたら、そういったことを少し思いながら見てみると、また違った感覚に出会えるかもしれませんよ。

20151218_4

それでは懇談も終わったことですし、あとは終業式を待つばかり。
みなさんに素敵なクリスマスがおとずれますように。

音楽科  辻井 郁子