morebtn_bgfblinetwscope-invertscopepagetop_arrowblog-latestmorebtnvtickpagenextpageprevpagetophsjhshomecresthshomejhskindamasteruniv
樟蔭レポート

2学期も無事終了し、冬休みに入りました。生徒たちは、冬休み中もクラブ活動、冬期講習など自分の目標に向かって頑張っています。私が顧問を務めているソフトテニス部も寒い中、毎日練習に励んでいます。
20151221_1 20151221_2 20151221_3
3年生が引退し、新チームになり早4ヶ月が経とうとしています。部員も少なく、また、秋の大会の結果も思うようにいかず、厳しい状況が続いています。テニスの内容も結果も良ければ、毎日楽しく積極的に取り組めるでしょう。逆に、上手くいかず、結果も出ず……となると、気持ちも消極的になり、楽しくなくなります。しかし、こういう時にこそ、大きく成長するチャンスなのです。苦しく、厳しい状況としっかりと向かい合い、精一杯努力をしてほしいと思います。
20151221_4   20151221_5

今年の流行語にも選ばれた、松岡修造もこう言っていました。

・「真剣だからこそ、ぶつかる壁がある。」

・「諦めんなよ!諦めんなよ、お前!!どうしてそこでやめるんだ、そこで!!
もう少し頑張ってみろよ!ダメダメダメ!諦めたら!周りのこと思えよ、
応援してる人たちのこと思ってみろって!あともうちょっとのところなんだから!」