morebtn_bgfblinetwscope-invertscopepagetop_arrowblog-latestmorebtnvtickpagenextpageprevpagetophsjhshomecresthshomejhskindamasteruniv
樟蔭レポート

平成28年度若葉祭がスタートしました。

本日は、新体育館で以下の舞台発表がありました。

 

1.中学1年生 音読・合唱

2.吹奏楽部(中高)

3.身体表現授業選考(高)

4.演劇部(高)

5.体操部(中高)

6.中学3年O組 ダンス

7.高校1年月組 ダンス

8.高校1年雲組 マジックショー

9.高校2年秋組 ミュージカル

10.高校2年雪組 ダンス

11.軽音楽部(高)

12.フォークソング部(高)

13.高校2年冬組有志

14.高校2年有志

15.高校1年星組有志

16.ダンス部(中高)

 

趣向を凝らしたそれぞれの演技、演奏は完成度も高く見ごたえのあるものでした。その中でも、中学1年生全員による「音読・合唱」を素晴らしい発表でした。

中学生が考えた音読文を読んでみてください。

思春期の微妙な感情が見事に表現されています。

 

~思春期の私たち~ 

樟蔭中学校72期生

友だちと

友だちと いると楽しい

友だちが 笑うと嬉(うれ)しい

友だちって いいね

 

充分な答えを 出す力がない自分

何気ない会話に 力をもらう

常に 不安定な私

この瞬間(しゅんかん)を楽しもうと

思えたらいいのに

本当の自分は 余裕(よゆう)がない

この大事なときは

二度と帰ってこない

浮いたり 沈んだり 

あちこちに揺()れる心

 

有頂天(うちょうてん)のとき

些細(ささい)なことですごく喜ぶのに

 自己(じこ)嫌悪(けんお)のとき

この世の終わりのように感じる

  

上がり下がりの激しさに 戸惑(とまど)

お天気の 移り変わりみたい

最高の日差しが 降り注いだり

嵐が 吹き荒れたり

 

甘えたい

放っておいてほしい

 注目してほしい

みんなにまじってうもれてしまいたい

独占(どくせん)したい気持ちと

距離(きょり)が近すぎて鬱陶(うっとう)しい気持ち

 

ずっと続いてほしいと思うことと

早く終わってほしいと思うこと

 矛盾(むじゅん)しているけれど、ぜんぶ私

 

受け入れる

抱きしめる

認める

安心する

 

やり遂()げられる気がしなくて

投げ出しそうになったら

そばにいてくれる友だちを思い出そう

 

今までの自分から  新しい自分へ

まだ見ぬ自分に  会いに行こう

 

ここから 歩き始める

ここが ふるさと

樟蔭が ふるさと

 

※10月2日(日)若葉祭2日目 10:10より新体育館にて発表があります。

是非ご覧ください。

副校長 相馬宏臣