morebtn_bgfblinetwscope-invertscopepagetop_arrowblog-latestmorebtnvtickpagenextpageprevpagetophsjhshomecresthshomejhskindamasteruniv
樟蔭レポート

高校の特進コースの生徒は、期末テストが終わった後も、冬期講座や自習などで学校に来て勉強しています。

私も高1の冬期講座で、「センター現代文」という講座を行っています。名前の通り、センター試験の現代文(評論・小説)に重点を置いて、センター試験に匹敵するようなその他の問題演習に取り組んでいます。

まだ高1ということもあって、この講座で初めてセンター試験の過去問を解いたという生徒がほとんどでした。おそらく「難しい」、「分からない」という感想を持つだろうなあという想像をしつつも、実際の過去問を知ってもらいたいという思いから解いてもらいました。

やはり、「センター試験の過去問」というだけで気持ちが引き締まるのか、生徒の取り組み方は真剣そのものでした。

あまり解けなかったという生徒が多くいる中で、全問正解したという生徒もいました。

12日(月)から始まったこの講座も、今日で終わりです。正解した数に一喜一憂するのではなく、漢字や語彙、読書など、高1の今だからこそできること・今しなければならないことに、気づいてもらうきっかけになっていたらいいなあと思います。

 

国語科  立部 早智子