morebtn_bgfblinetwscope-invertscopepagetop_arrowblog-latestmorebtnvtickpagenextpageprevpagetophsjhshomecresthshomejhskindamasteruniv
樟蔭レポート

みなさん、こんにちは。
高等学校、中学校の卒業式も終わり、いよいよ春本番。
桜の開花とともに、まもなく始まる新学期が本当に楽しみです。
桜と言えば、「ソメイヨシノ」。地球温暖化の影響などから、開花は年々早まっているそうです。50年前の「4月に桜の入学式」から近年では「3月の桜の卒業式」へと移り変わりつつあるそうです。「ソメイヨシノ」は開花してから満開になるまで7.1日(平均値)、およそ1週間。何とか4月8日の中高入学式まで満開でいて欲しいと願っています。

さて、この春、私のもう一つの楽しみは「America’s Cup」。

「アメリカズカップ」は、1851年より現在まで続く”世界最高峰の国際ヨットレース”。また、その優勝杯の名。その成立は近代オリンピックより45年、サッカーのワールドカップより79年、全英オープンゴルフよりも9年早く、継続して使用されている世界最古のスポーツトロフィーとして広く一般に認知されています。


参加チームは2年をかけて「アメリカズカップ」への挑戦権を得るための予選シリーズ「ルイ・ヴィトン・アメリカズカップ・ワールドシリーズ」を世界各国で戦い、その後行われる「アメリカズカップ・チャレンジャーシリーズ」で挑戦チーム代表を選出。前回大会優勝の防衛チームとの一騎打ちで世界最古の優勝トロフィーを争います。
このヨットレースは、マッチレース(1対1)形式で争われるヨットクラブ間の国際親善レースです。使用されるヨットは出場国で建造しなければならないため、参加各国の造船工学・建築工学・材料工学・流体力学・航空力学・気象学などの最先端技術や軍事からの応用技術が投入される等、参加国の威信を賭けた国別対抗レースとしての一面も持ち合わせています。またこれら最新ヨットにはオリンピックメダリストら多数のトップセーラーが乗り組むことあり、一般にヨットレース全般、或いはインショア(沿海)レースの最高峰として位置づけられており、別名「海のF1」とも称されています。

 

「ルイ・ヴィトン・アメリカズカップ・ワールドシリーズ」

第1戦 ポーツマス(イギリス)           2015年7月23日~26日
第2戦 ヨーテボリ(スウェーデン)     2015年8月27日~30日
第3戦 ハミルトン(英領バミューダ) 2015年10月16日~18日
第4戦 マスカット(オマーン)          2016年2月27日~28日
第5戦 ニューヨーク(アメリカ)      2016年5月7日~8日
第6戦 シカゴ(アメリカ)                  2016年6月11日~12日
第7戦 ポーツマス(イギリス)             2016年7月23日~24日
第8戦 トゥーロン(フランス)            2016年9月10日~11日
第9戦 福岡(日本)                          2016年11月18日~20日

今回、一般社団法人 関西ヨットクラブをソフトバンクグループがサポートし、2017年に開催される「アメリカズカップ」へ「ソフトバンク・チーム・ジャパン」として挑戦しましたが、残念ながら予選で敗退しました。

上記の予選を勝ち抜いた5チームが2017年5月~7月にハミルトン(英領バミューダ)で戦い、勝ち残った1チームが最終の本線でディフェンダー(Olacre team U.S.A.)とマッチレース(1対1)で戦います。

参加チームは、以下の通り。
<ディフェンダー>
Olacre team U.S.A.
<チャレンジャー>
Artemis racing (Sweden)
BAR-Ben Ainsle Racing (United Kingdom)
Emirates Team New Zealand (New Zealand)
Luna rossa Challenge (Italy)
Team France (France)

 

みなさんも一度ヨットレースの映像をYouTubeで見てください。
きっと、爽快な気分になれますよ。

副校長 相馬宏臣