morebtn_bgfblinetwscope-invertscopepagetop_arrowblog-latestmorebtnvtickpagenextpageprevpagetophsjhshomecresthshomejhskindamasteruniv
樟蔭レポート

3月31日は、学校のカレンダーでは1年の終わり、大晦日に当たります。1年の終わりの本日は、樟蔭のシンボルであるクスノキ(樟)のお話しをさせていただき来年度に繋げたいと思います。

クスノキ(樟)は、クスノキ科ニッケイ属の常緑高木だそうで、寒い冬でも鮮やかに輝いている葉の緑は、変わることのない力強さと温かさを人々に与えます。また、葉の密度が高いため木陰を作る緑陰樹として植栽され、人々に安らぎを与えます。

変わることのない樟の緑の葉は本校の建学の精神(知情意)、そして力強い木陰の下で育つ若葉が本校の生徒、樟蔭生は当に「樟の葉蔭の若草」(校歌の3番の歌詞)の如く力強く温かく成長しています。

明日から平成29年度。樟蔭は創立100年を迎えますが、樟蔭生は力強く温かく人々に安らぎを与える女性に育つことを願っています。

来年度もどうぞよろしくお願いいたします。

杉山秀子