morebtn_bgfblinetwscope-invertscopepagetop_arrowblog-latestmorebtnvtickpagenextpageprevpagetophsjhshomecresthshomejhskindamasteruniv
樟蔭レポート

昨日から、試験一週間前になりました。

クラブ活動もお休みになり、放課後は静かです。居残りして勉強している姿が見られます。

高3生徒たちの様子は・・・、

いよいよ進路決定間近。試験勉強する眼差しも真剣そのもので、緊張感が伝わってきます。今月は、先日樟蔭女子大学の学部学科説明会に参加したり、それぞれが自分の希望するキャンパスへ足を運んだり、卒業アルバムの撮影をしたり、青春の躍動の準備をしたり・・・慌ただしく学期末を迎えました。

そんな中、私自身が先生方、生徒たちに迷惑をかけてしまう出来事がありました。

私事ですが・・・、大きな怪我をしてしまいました。

しばらく車いすで授業に行きました。

無残な姿で授業に行こうとした初日は、先生たちが両手両足となって助けてくださいました。

温かい学校だな・・・と思いました。

でも、感激はそこで終わりませんでした。

その様子を見ていた生徒達が、翌日から自発的に動いてくれました。授業開始前になると、職員室まで迎えに来てくれて、教材を全部運んでくれて・・・、どのクラスの生徒も労を惜しまず介助してくれました。高校生3年生だけでなく中学生1年生も・・・です。

生徒の優しさ、頼もしさに触れ、感動しました。

困った人に手を差し伸べることができる思いやり、いざというときの機転、助け合いの心、すべてが身についた立派な女性に成長しているということがよく分かりました。

これが樟蔭生なのだ・・・と思いました。

生徒たちを誇りに思います。

今も、心の中はほっこりしています。

助けてくれて本当にありがとう!

英語科 深津