morebtn_bgfblinetwscope-invertscopepagetop_arrowblog-latestmorebtnvtickpagenextpageprevpagetophsjhshomecresthshomejhskindamasteruniv
樟蔭レポート

「クマが冬眠から目覚めたとき、まずふきのとうを食べて胃に刺激を与える」

小学校か中学校かの国語教材だったので、このような文章に触れた記憶があります。

ふきのとうの色を「エメラルド色」と書いてありました。

先日、山を歩いたとき今年最初のふきのとうを見つけました。

この時期、緑の少ない林床の中で、ふきのとうの緑はよく目立ちます。

普段食べているふきは、フキの茎ではなく、葉の軸=葉柄です。

食用に売られているふきのとうは、この時期にだけ、花を咲かせるために伸びてくる茎が伸びきる前のものです。

次の写真のような状態でも、表面の葉をめくればつぼみがしっかりついてます。

ふきのとうが苦いのは、このつぼみや花です。

たくさん出ているところから2~3本ずついただいて持ち帰り、調理しました。

天ぷらが一番うまいと思っていますが、少しでも長い間、味を楽しむために、ふきのとう味噌にしました。

自宅に今ある味噌は麦味噌なので、みりんなどの甘みを加えず、酒と味噌の中に刻んだふきのとうを投入して煮詰めて終わり。

あついご飯に最高です。

大久保雅弘(3年夏組担任・フィールドクラブ顧問)