morebtn_bgfblinetwscope-invertscopepagetop_arrowblog-latestmorebtnvtickpagenextpageprevpagetophsjhshomecresthshomejhskindamasteruniv
樟蔭レポート

2018.11.26.

 

こんにちは,1年担任の増井崇です。2学期最後の連休も終わり,いよいよ期末テストが近づきました。

テスト一週間前ということで,今日からは特別許可の一部を除いてクラブ活動はストップ。”さぁしっかりテスト勉強をしましょう”という週になります。

でも実は,平素の学習をちゃんとこなせているならばテスト前になって慌てる必要はないわけで,さらりと見直しをするだけで十分なはず。ところが,成績上位の人でもなかなか完璧にはできないものです。まして普段の家庭学習を疎かにしている人は余程うまくやらないと間に合わなくなります。結果,テスト勉強すら満足にせぬまま残念な点数を取ってしまうということが起こるわけです。

 

人間誰しも”しんどいコト”を進んでしたいとは思いませんよね。それをガンバレルのは,何かしらの希望や打算(=ご褒美と言ってもいいかもしれません)があることが多いと思います。ムチ打たれて無理矢理ってのは,少なくとも高校にはそぐわない考えではないでしょうか。

・がんばって,自身のレベルアップを実感できたとき

・求める目標に向かって,努力を続けているとき

などという自分の内面的な要素

・負けたくない

・落ちこぼれはいや

・ここに居るならこれはやらねば

といった外的因子。

他にもいろいろあるでしょうが,ともかく高校に行かせてもらっていて勉強はしませんってのは無しです。ガンバル時はガンバリましょう。

 

ではそのガンバリ方ですが,王道はやはり「計画」からでしょうね。

優先順位を,楽に片付くものからできる範囲でやってしまうと大概破綻します。しなければならないことをリストアップしてそれをいつするかですね。まずは今日の家庭学習では何をしますか。

それともう一つ。どうも今時の高校生は家庭におけるネット依存が深刻な事態になっているようで,私達も十分に気をつけないといけません。何時間も平気で小さな画面を見つめていることのないように,しっかり自らを律してくださいね。

 

(浄瑠璃寺の紅葉)