morebtn_bgfblinetwscope-invertscopepagetop_arrowblog-latestmorebtnvtickpagenextpageprevpagetophsjhshomecresthshomejhskindamasteruniv
樟蔭レポート

こんにちは。すっかり寒くなってきましたね。

本日は11月にあった看護コース行事について紹介させていただきます。

高校2年生の看護系進学コースは、職業体験として、看護と鍼灸の二分野の体験をさせていただきました。

 

 

まずは看護専門学校の先生方が持ってきてくださった高齢者体験グッズを装着し、高齢者疑似体験。

視野が狭まり、足や腰、耳などが弱くなり、体の変化を実際に体験しています。

 

また鍼灸の授業では、ツボを教えていただいたり、実際にもぐさを捻ってみたり、鍼に触れて練習台に打たせてもらったり、普段できないような体験をさせていただきました。

さて、専門学校の先生にコツを教えてもらい、全員で挑戦です。

鍼をとんとんとん…

……なかなかまっすぐ刺さりません。

 

上手な人を発見。

 

 

実際に専門学校でもこのような練習台を使って鍼をうつ練習をするそうです。

 

最後に、本校教員に実際に鍼をうってもらうデモンストレーション。

 

こういった体験は普段の授業では体験できないことなので、みんなとても熱心に参加していました。