morebtn_bgfblinetwscope-invertscopepagetop_arrowblog-latestmorebtnvtickpagenextpageprevpagetophsjhshomecresthshomejhskindamasteruniv
樟蔭レポート

こんにちは、理科教諭の小嶋です。

本日は高校1年生の化学基礎の授業について紹介します。

2学期の期末試験範囲は「酸・塩基」「中和滴定」でした。

授業では、フェノールフタレイン、BTB、メチルオレンジといった指示薬を使って水溶液の液性を調べたり、中和滴定の実験を生徒が行いました。

中和滴定の実験では、市販の酢(酢酸:CH3COOH)を10倍に薄め、0.1mol/Lの水酸化ナトリウム(NaOH)水溶液で滴定しました。指示薬であるフェノールフタレインの色が薄いピンク色になるように、少しずつ滴定しなければなりません。

生徒たちはさまざまな実験器具を用いながら楽しそうに実験を進めていきます。

しかし、最初の方はなかなか要領がつかめず、NaOHaqを滴下しすぎて、下の写真のように真っ赤にしてしまいます。

しかし、回数を重ねて手際もよくなると、1滴ずつ滴下できるように……と真剣にチャレンジしていました!

最後の方は見事に、うっすーいピンク色になったものを他の班と競うほどになり、とても良い結果が得られていました。

感心するほどでした♪

残すは実験結果から酢の濃度を求めるのみ!!

これが最大の目的です……今回のテストに出題されていましたので、確認しておきます!!