morebtn_bgfblinetwscope-invertscopepagetop_arrowblog-latestmorebtnvtickpagenextpageprevpagetophsjhshomecresthshomejhskindamasteruniv
樟蔭レポート

シトラスリボンプロジェクトとは(以下HPより)

コロナ禍で生まれた差別、偏見を耳にした愛媛の有志がつくったプロジェクトです。

愛媛特産の柑橘にちなみ、シトラス色のリボンや専用ロゴを身につけて、「ただいま」「おかえり」の気持ちを表しています。

リボンやロゴで表現する3つの輪は、地域と家庭と職場(もしくは学校)です。

「ただいま」「おかえり」と言いあえるまちなら、安心して検査を受けることができ、ひいては感染拡大を防ぐことにつながります。

また、感染者への差別や偏見が広がることで生まれる弊害も防ぐことができます。

感染者が「出た」「出ない」ということ自体よりも、感染が確認された“その後”に的確な対応ができるかどうかで、その地域のイメージが左右されると、考えます。

コロナ禍のなかに居ても居なくても、みんなが心から暮らしやすいまちを今こそ。

コロナ禍の“その後”も見すえ、暮らしやすい社会をめざしませんか?

 

 

ピンクリボン、オレンジリボン、レッドリボン、ブルーリボン、パープルリボン、ホワイトリボン、イエローリボン、グリーンリボン・・・さまざまな色のリボン運動が実施されており、社会運動に色つきのリボンを使うことはアメリカで発祥したといわれています。

日本で始まった運動もいくつかありますが、シトラスリボンプロジェクトも愛媛から始まり、全国に広がりつつあります。

本当は、プロジェクトがなくてもお互いがお互いを思いやれる日々が普通にあってほしいですね。

簡単に作れそうなので、「シトラスリボン」作ってみます。

ちょっと違う・・・

不器用なHでした。