morebtn_bgfblinetwscope-invertscopepagetop_arrowblog-latestmorebtnvtickpagenextpageprevpagetophsjhshomecresthshomejhskindamasteruniv
樟蔭レポート

2021.5.6.

本日の担当は,高2担任の増井です。今回のGWは土曜授業の樟蔭も日月火水の4連休になりました。とは言え,まだ緊急事態宣言の只中ですから,自由に出歩くことも憚られましたね。平素なら部活や家族旅行など授業以外のことを満喫できるところでしょうが,どうやら大人しくしていることが肝要です。

ということで,最近の趣味にしている野菜作りの話から。

庭の片隅に土を入れ,種を植えて育てた大根。美味しい内に収穫するのが良いのですが,中には放っておくものができてしまい,ちょうど今かわいい花を咲かせています。根っこを見たら殆どの人が”ダイコン”と分かるでしょう。葉っぱでも分かる人はいるでしょう。でもね,この花を見てそれと分かる人は少ないんじゃないかな。

少し紫の入ったこの花は,いわゆる”ハツカダイコン”です。横ではニンジンと青ジソがぐんぐん育っている中でちゃっかり花を付けました。

(最初のアイキャッチ画像の方が普通の”ダイコン”の花で,こちらは真っ白です)

本当に小さく可憐な姿ですが,これもダイコンの1つの形態なんですね。普段食している食べ物でも実にいろんな顔を持っています。

きっと皆さんにも,たくさんのいい面と悪い面があるでしょう。ですから,ある一面だけを見てこれと決めつけてしまうのは早計なのです。新たなクラスになって一ヶ月。そろそろ我が顔を出す頃だと思いますが,それを許容できるようになると人付き合いがずっとスムースになりますよ。狭い範囲だけで繋がりを求めると,結局あっちもこっちも自分を閉じていくしかなくなってしまうのです。

 

この小さな花は何だろう。これは我が庭のものではありませんが,あるところで真っ白な小さな花を見つけました。

何でも植物図鑑で調べる代わりに花の名を教えてくれるアプリがあるそうです。このように写真に撮ると勝手に検索して何の花か教えてくれるそうです。すごいですね。

ちなみにこれはムラサキ。根っこを使って布を紫色に染めることができるそうで,千年以上昔には最も高貴な色の染色材として珍重されたのだとか。ただの白っぽい根から紫色が生まれることにいったいどうやって気付いたのかとても不思議です。きっとこの世にはまだまだ知られていない理(ことわり)が山ほどあるのでしょうね。

これは何も植物だけには限りません。きっと貴女の中にも未だ発見されていないステキなモノが隠れていますよ。どうぞたくさんのことに本気で取り組んでみてください。何度も何度もチャレンジしてみてください。いろんな人との交友を育んでください。そんなモガキの中にステップアップが潜んでいるのですから。

増井 崇