morebtn_bgfblinetwscope-invertscopepagetop_arrowblog-latestmorebtnvtickpagenextpageprevpagetophsjhshomecresthshomejhskindamasteruniv
樟蔭レポート

皆さん、こんにちは。
本日は、高大連携で行っている心理学講座について、レポートしたいと思います。

現在、高校3年生の60名ほどの生徒が、大阪樟蔭女子大学の心理学科の先生方から、心理学について学んでいます。実際の大学の授業を、高校生の間に経験できる貴重な時間です。

心理学講座の人気は毎年非常に高く、たくさんの生徒が受講します。
心理学を学んでおけば、将来どのような職業についても役に立つため、進路が未決定な生徒でも関心をもって学べる学問の1つだからではないかと考えています。

授業は、ただ講義を聴くだけではなく、データから考えたり、アニメを見たり、実験を行ったり、様々な活動を大学の先生方が準備してくださっていて、生徒の皆さんも飽きることなく、楽しく受講できているように思います。

授業の終わりには毎回レポートを書くので、その日の授業をしっかりと受けられていたか、自分で振り返ることができるのも良い点です。ちなみに、本日は「考えることを考える」がテーマでした。

高大連携の授業から、自然と自分の進路についても考えられる時間となっていると良いなと思います。(c.s)