morebtn_bgfblinetwscope-invertscopepagetop_arrowblog-latestmorebtnvtickpagenextpageprevpagetophsjhshomecresthshomejhskindamasteruniv
樟蔭レポート

先週末11日(土)午後8時から約1時間 Zoom によるオンライン同窓会に参加しました。開催してくれたのは第37回生(1985年3月3日卒業)の私のクラス(3年水組)の卒業生たち。

このクラスは本校の特進(現・国際教養)系の1期生ということもあり、在学中から仲が良く、お互いに切磋琢磨しながら現在まで付き合いを続けてくれています。

その絆がさらに深まるきっかけとなったのが 2015年に「樟蔭同窓会」でおこなわれた「卒業30周年記念学年同窓会」でした。ここに集ったクラスの人たちが、なんと「松井水組」という LINE を立ち上げ、そこに私も招待され、お互いの近況を報告しあったりしているのです。

さて、そのオンライン同窓会のあと、久しぶりに卒業アルバムを開いてみました。最初のページには正門付近からのぞむ正面前景の写真がありました。

記念館は今も変わらずこの位置から私たちを毎日見守ってくれていますが、それ以外は随分たたずまいが変わってしまいました。変化したのはキャンパスの様子だけではありません。生徒や私たち教員の気質も時代とともに時代に合わせて変化しました。

しかし、本校がどのように変わろうとも、ここに集った仲間とのつながりが絶えることなく続き、そこに私たち教員も加わることができれば、これ以上にうれしいことはありません。

高校2年冬組担任

松井 正