morebtn_bgfblinetwscope-invertscopepagetop_arrowblog-latestmorebtnvtickpagenextpageprevpagetophsjhshomecresthshomejhskindamasteruniv
樟蔭レポート

情報科の川浪です。2022年もよろしくお願いいたします。

少し前の情報に関するイメージは取得し、利用するイメージが強かったと思います。
近年、コロナ禍が背中を押したようにも感じますが、情報発信の重要性が高まったといわれています。
そんな中、ある企業の調査によると「小学生がなりたい職業1位はYouTuber」となっています。

これは情報発信ブームが到来しようということだと思います。
これくらい大きく変わっている社会に学校はどのように対応していくか!!ということで、文部科学省と経済産業省がタッグを組みGIGAスクール構想が着々と進められています。

今年度の中学1年生、来年の高校生から新課程のカリキュラムとなり、そんな新時代のなりたい自分になるために学校現場は大きなターニングポイントを迎えています。
このターニングポイントを自分事として捉え、各先生方が趣向を凝らして方向修正をしながら進んでいくことになります。

そんなことを感じながら情報科教員としてできることの1つとして、情報の発信のモデルケースとして実践を続けているのが学習動画の配信です。
主にICTツールの使い方や授業の実践事例報告などを配信しています。樟蔭生はもちろん保護者や、老若男女問わず、たまたま動画を見た方の学びの1つになり、物事を知る、できるようになることの喜びを感じてもらえたら幸いです。

樟蔭生がなりたい自分になるサポートができるよう、自分自身が学び続けています。
文系理系、年齢問わず、お時間があれば少しの学びの時間に私の声も聞いてあげてください。

色々な教科で活用できる音声入力動画
【神奈川県実践事例報告会:発表動画】

1つ報告し忘れていたことがありました。
ICT夢コンテストという全国の教育関係者がICTツールを利用した学びの実践コンテストがあります。今回初めて応募させていただきましたが、中学1年生との夏休みの3Dプリンターを用いた3Dデザインの実践に優秀賞をいただきました。3月に表彰式と実践事例報告会に行ってきます。ここでも、色々な学びが待っているに違いないので、今からワクワクしています。

ICT夢コンテスト 2021年度受賞一覧