morebtn_bgfblinetwscope-invertscopepagetop_arrowblog-latestmorebtnvtickpagenextpageprevpagetophsjhshomecresthshomejhskindamasteruniv
樟蔭レポート

室町時代ってどんなイメージがあるでしょうか。

足利尊氏、金閣寺、銀閣寺、能(面)、座、馬借??、問丸??…

不肖ながら社会科を教えている身ですが、僕も「これ!」といったイメージはありません。

なんだかカオスなイメージです。室町時代といったら、「ややこしい」。

僕の勉強不足だと思っていたのですが、面白い本に出会いました。

その名も『室町は今日もハードボイルド―日本中世のアナーキーな世界―

室町時代はカオスである、ということが分かる作品です。

表紙通りの内容です。

室町時代らしいエピソードがふんだんに語られています。

歴史が好きでなくても、エッセイとして書かれているので、とても読みやすいです。

室町時代がよく分からん!という人は、おすすめです。

「よく分からなくて良いんだ」ということが分かるはずです。

僕がこの本を読んで最も記憶にこびりついたのは、表題の「お前の母ちゃんでべそ」です。

それに秘められた意味とは…。

社会科 鈴木