morebtn_bgfblinetwscope-invertscopepagetop_arrowblog-latestmorebtnvtickpagenextpageprevpagetophsjhshomecresthshomejhskindamasteruniv
樟蔭レポート

毎週火曜日の5時間目は「探求の時間」。コースごとにさまざまな行事を展開しています。今日は高校1年生のフードスタディコースの探究の時間にお邪魔しました。

フードスタディコースは、調理やパティシエなどの道へ進もうと考えている生徒集団。多種多様な調理実習や専門の方の講義を聞いて、自分たちの知識と技術をつけていきます。

今日は実際に調理室へ行って調理…ではなく、調理室の使い方や調理時の注意を担当の先生から聞く、いわば座学でした。

しかし授業の後半、1人1人に配布されたフードスタディコース専用のエプロンや帽子を身につけると、ぐっと気が引き締まった感じがしました。「これを着ていろいろな料理を作っていくんだ!」という、決意を感じ取ることができました。

でもまだまだエプロンの着用に戸惑っている人もチラホラ。こちらも調理実習と共に慣れていき、バシッと着こなすことができるように速くなって下さいね。

高校:大喜多正仁