大阪樟蔭女子大学大学院
【臨床心理学専攻特別企画】Mei-Reiの突撃インタビュー ~教員紹介~ 【臨床心理学専攻特別企画】Mei-Reiの突撃インタビュー ~教員紹介~

Part.1 高橋依子先生

高橋依子教授
高橋依子教授 (専攻長)(臨床心理士) 
●日本描画テスト・描画療法学会会長

ロールシャッハ・テストや描画テストなどの投映法心理テストによって対象者の心を理解し、どのような心理療法が適切であるかを検討しています。また心理療法の分野では、様々な心理療法に共通する治療要因を研究しています。

Mei-Rei
Mei-Rei

みなさんこんにちは。
大阪樟蔭女子大学大学院臨床心理学専攻公認(?)キャラクターの
Mei-Rei(メイレイ)です!
今回、私が樟蔭の大学院臨床心理学専攻の先生たちにインタビューをして、
その魅力をお伝えしたいと思います!

第1回目は、やはりこの方。
専攻長の高橋依子先生にご登場いただきます!
先生、よろしくお願いします!

高橋依子
高橋依子先生

はい、こんにちは。よろしくお願いします。

Mei-Rei
Mei-Rei

早速ですが、先生は大学院でどんな授業されているのか、教えてください!

高橋依子
高橋依子先生

私が担当している授業ですね。色々あるんですが…そうですね。
代表的な授業を挙げてみましょうか。

まず『臨床心理学特論』があります。
この授業は、臨床心理学の二本柱である、臨床心理アセスメントと心理療法の
全般にわたって講義しています。

アセスメントの基本となる心理テストの用い方、特に投映法について、
実際に施行できるように詳しく講義し、自分の事例を紹介して
興味を持って学習してもらえるようにしています。

Mei-Rei
Mei-Rei

心理テストですか‼
実際に事例を聞きながら学べるのは、すごく分かりやすそう。

高橋依子
高橋依子先生

心理療法についても、クライエントに応じた心理療法を選べるように、
各種の心理療法の特徴について、共通点と相違点を教えています。

Mei-Rei
Mei-Rei

ちゃんと、心理療法の基礎的な知識から学べるんですね。

高橋依子
高橋依子先生

基礎だけではありませんよ。
『心理療法特論B』という授業では、実際の事例を基に、見立てを行い、
どのような心理療法が最適かを検討していきます。

Mei-Rei
Mei-Rei

うーん、実践的‼  相手や事例にあわせて心理療法を考えるんですね。

研究について

Mei-Rei
Mei-Rei

では、次の質問です。
先生ご自身は、どのような研究をされているんですか? ぜひ教えてください‼

高橋依子
高橋依子先生

研究も、沢山あるんですよ。
例えば、ロールシャッハ・テストは知っていますね?

Mei-Rei
Mei-Rei

はい。インクのシミのやつ…ですよね。
『心理テストの王様』って言われているんじゃなかったでしたっけ?

高橋依子
高橋依子先生

そうそう。そのロールシャッハ・テストを使って
パーソナリティを理解するために基準となる一般の人たちの資料を
おおよそ500名分、収集して、ロールシャッハ・テストの結果と
パーソナリティの特徴との関連をまとめています。
書籍にもなっていますよ。

Mei-Rei
Mei-Rei

500名!? すっごーい!! 
本当に沢山の人たちに心理テストをしてこられたんですね。
本とか、みんな買うんだろうなあ。

高橋依子
高橋依子先生

あとは、心身症の人のパーソナリティを理解して、発症を予防したり、
治療に役立てるために、心身症に罹患した人に
描画テストやロールシャッハ・テストなどの投映法を実施して、
分析しています。

Mei-Rei
Mei-Rei

心身症の人の性格か~。 いかにも臨床心理学、って感じがします。
それに、描画テストも使われているんですね。

高橋依子
高橋依子先生

ええ、描画はテストだけではなくて、心理療法の中でも使いますよ。
特に、青年期の人たちに、アートセラピーを実施して、その経過を分析し、
青年期特有の心理的特徴を理解した上で、心の問題の解決を目指していきます。

臨床実践について

Mei-Rei
Mei-Rei

臨床的な研究のお話も出ましたけど、
実際にどんな現場で、臨床のお仕事をなさってきたのですか?

高橋依子
高橋依子先生

臨床の仕事も、色々してきました。
例えば、児童相談所で、親子関係などの人間関係が原因で情緒の発達に問題が生じた幼児にプレイセラピーを行ってきました。

それだけでなく、まだ発達障害という言葉で言われていなかった頃から自閉症やADHD(注意欠如多動症)の幼児には行動療法の技法を取り入れていました。

それから、大学の学生相談室でカウンセリングをしたり、精神科の病院などでも心理臨床家として携わってきたりしています。

今も子ども相談センターで、不登校の中学生や、その保護者のカウンセリングに関わっています。

Mei-Rei
Mei-Rei

めっちゃ幅広い!
子どもから大人まで、色んな世代の人たちに関わってこられたんですね。
臨床も査定も研究も、まさにマルチに活躍されているのがとっても分かりました。

樟蔭の特色

Mei-Rei
Mei-Rei

では、最後に、樟蔭はどんな大学院か、教えてください!

高橋依子
高橋依子先生

本学の特色は、
実際に心理テストや心理療法を沢山経験できること。
そして、それをスーパーヴィジョンやカンファレンスで、しっかり振り返ります。
そうやって、臨床のセンスを高め、技能を丹念に磨いていける大学院です‼

Mei-Rei
Mei-Rei

うんうん、
先生のいろんなお話を聞いて、それができる大学院だろうなあ、と、納得です。
今日はどうもありがとうございました!

Mei-Rei
(Mei-Rei)

皆さん、いかがでしたか?
今回は専攻長の高橋依子先生を紹介しましたが、 先生の魅力やすごいところを沢山紹介できたと思います。 今後も、色んな先生方にインタビューをしていきたいと思っていますので、 どうかご期待ください!