総合学園としての教育環境

高等教育機関を擁する総合学園としての教育環境
学校法人樟蔭学園のもと、昭和26年の開園以来長い伝統を誇る当園は、大学児童学科の附属研究教育施設として充実した幼児教育を実践するとともに、より良い教育を目指し、研究・実習の進歩・向上に努めています。
のびやかな個性の育成と「知・情・意」を基本に、活き活きとした生活の中から真の知性を高め、豊かな情操、思いやりの心、創造性や自主性を育て、健全な人間形成の基礎を培うことが、私たちの保育目標です。
3つの要素が「根っこ」を育てます!
人材
根っこを育てる貴重な時期に、専門性の高い多様な人材(大学教授や幼稚園教諭等を目指す学生など)との交流の場が用意されています。
環境
広大なグラウンド、大学内体育館ホール等を活用した教育活動を行います。総合学園だから用意できるのびのびした環境で思いっきり活動します。
教育
幼稚園を始め、中学校~大学までの「知」が集結しています。生きるための根っこを育てる貴重な3年間だからこそ、選りすぐりの教育を受けてほしいと願っています。

人財

根っこを育てる貴重な時期に、専門性の高い多様な人材(大学教授や幼稚園教諭等を目指す学生など)との交流の場が用意されています。

大学生との関わり
写真:大阪樟蔭女子大学 01

児童教育学部児童教育学科の学生が、授業の一環として幼稚園に赴き、保育活動のお手伝いを行います。

写真:大阪樟蔭女子大学 04

大学の学生が、自主的にボランティアの一環として、授業の合間や昼休みに幼稚園を訪れ、園児と交流を図ります。

高校生との関わり
写真:樟蔭中学・高等学校 03

高校の児童教育コースの生徒が、「一日体験」学習の一環として、行事のボランティアなどを行います。

写真:樟蔭中学・高等学校 04

高校の児童教育コースの生徒とお別れ会など様々な交流があります。

写真:樟蔭中学・高等学校 02

夏休み講座の講師として、中・高の先生をお招きし、専門知識を活かした授業を行います。

教育

幼稚園を始め、中学校~大学までの「知」が集結しています。生きるための根っこを育てる貴重な3年間だからこそ、選りすぐりの教育を受けてほしいと願っています。

専門性の高い教育機会
写真:大阪樟蔭女子大学 03

樟蔭ジュニア英語美術造形など、それぞれ専門の先生をお招きして、課外保育を行い、本物に触れる機会を大切にしています。

写真:樟蔭中学・高等学校 01

食育の一環として、管理栄養士でもある家庭科の先生に、月1回給食の特別メニューを監修。また、食育だよりの作成も行っています。

写真:大阪樟蔭女子大学 06

保護者の方のための講座として、大学教授による講習会「子育て講座」を定期的に行っています。

環境

広大なグラウンド、大学内体育館ホール等を活用した教育活動を行います。総合学園だから用意できるのびのびした環境で思いっきり活動します。

写真:大阪樟蔭女子大学 02

大学の体育館で思い切り身体を動かしたり、登録有形文化財 樟徳館でどんぐり拾いをするなど、大学の施設を利用する機会を多く設けています。

その他

写真:大阪樟蔭女子大学 05

収穫したものを配ったり、イベントを一緒に行うなど、併設校の教職員との交流も積極的に行っています。