2022年度

健康栄養学部の松田美久子講師ゼミが取り組む大阪府産機能性米「WE米」普及活動が、日本農業新聞などで掲載されました

2022年11月15日

健康栄養学科の松田美久子講師のゼミ生が、北大阪農業協同組合と連携して、大阪府産機能性米「WE米(ういまい)」の普及に取り組んでいます。

WE米とは「wx/ae米(ワキシーエーイーマイ)」を指し、一般のうるち玄米に比べて食後の血糖値上昇を穏やかにするレジスタントスターチが約 50 倍、中性脂肪や悪玉コレステロールを低減させる効果が期待される γ-オリザノールが約 2 倍含まれるなど、生活習慣病予防にも期待できる特殊なお米です。

松田ゼミの調理学研究室では「食のおいしさと健康」をテーマに、生活習慣病の予防が期待できる機能性米を用いたレシピ開発と試食会の運営に取り組んでいます。
9月には学生が考案したWE米を使った料理レシピの試食会を大阪市のカフェで実施しました。
さらに今回学生達は、WE米入りのパックご飯のパッケージデザインにも携わりました。
学生がデザインしたWE米入りのパックご飯「麦米日和」は、摂津市農業祭にて数量限定で来場者に配布されました。
この取り組みの様子が、商経アドバイス新聞、日本農業新聞で紹介されました。

【新聞】
商経アドバイス新聞
掲載日:10月3日(月)

日本農業新聞
掲載日:11月12日(土)