大学院情報

人権への取り組み

キャンパス・ハラスメントは人権侵害です。

「キャンパス・ハラスメント」とはキャンパスで起こる嫌がらせのことです。

自分の地位や立場を利用して、相手に性的な要求をしたり、相手を傷つける行為をしたりすることはすべてキャンパス・ハラスメントに含まれます。

大学でのキャンパス・ハラスメントは、安心して教育を受け、研究をする環境を壊す暴力であり、学ぶものの自由と人権を侵すものです。

社会の中でお互いが他者を一人の人間として尊重することは、快適で明るいキャンパスライフを送る基本です。

空のイメージ

取組みについて

大阪樟蔭女子大学は、人権侵害を許しません。

大阪樟蔭女子大学は、良好な学習環境を脅かし、人格を軽視するハラスメント「嫌がらせ」を決して許しません。キャンパス・ハラスメントを防止するために、「セクシャル・ハラスメント防止のためのガイドライン」などを定め、学生ひとりひとりが尊重され、安心して学業を取組み、実り多いキャンパスライフを過ごせる環境をつくる努力をしています。

授業で、研究室で、課外活動などで起こるこんなことが、キャンパス・ハラスメントになります。

【セクシャル・ハラスメント】

  • 授業の内容とは関係なく卑猥(ひわい)な言葉や性的な話を多く聞かせたりする。
  • 「女性は学問に向いていない」とか「女性は家庭にいるべきだ」などといった話をする。
  • 不必要に身体に接近したり、肩・背中・頬・髪などにふれたりする。
  • 個人を中傷するような性的な噂をふりまく。(同性の場合も含まれます)
  • 身体に対して不愉快な視線を注いだり、しつこく食事に誘ったりする。
  • 「単位の修得」や「卒業」に不安をいだかせて、性的な要求をする。
  • 特定の学生の容姿などをとりあげてからかったり、中傷したりする。
  • コンパなどの席で、お酌(しゃく)を強要する等、相手が嫌がることをする。

【アカデミック・ハラスメント】

  • 教育上必要とされる指導を、正当な理由なく、拒否する。
  • 恐怖感をいだかせるような、暴言・暴力をともなう指導をする。
  • 立場や権威を利用し、学生・教員・職員に対して、教育研究に関係ない業務作業を強要する。
  • 教育上の評価を行う上で、特定の個人に対して、不当な評価を行う。
  • 教育や研究に関して、個人の人格や名誉を傷つけるような発言をする。
  • 教育をうける適切な環境が侵されるような、嫌がらせや仲間はずれをする。

相談窓口

本学園の教職員すべてが窓口となります。

また、本学の人権委員会は、セクシャル・ハラスメント、アカデミックハラスメント以外の人権侵害に関する事柄についても対応します。
気軽にご相談ください。


人権委員会

委員(平成29年4月現在)

加藤 道彦(人間科学研究科 化粧ファッション学専攻 教授)
川端 康之(健康栄養学部 健康栄養学科 教授)
奥田 亮(学芸学部 心理学科 准教授)
坂田 浩之(学芸学部 心理学科 准教授)
呉 知恩 (学芸学部 ライフプランニング学科 准教授)
佐橋 由美 (児童学部 児童学科 准教授)


平成28年度 人権研修会(一般研修会)開催

○研修テーマ: 発達障害という「多様性」を包括する高等教育の実現に向けて
○講   師: 大久保 賢一 氏 畿央大学 教育学部 現代教育学科准教授

平成28年09月29日(木)17:00~18:30

平成27年度 人権研修会(一般研修会)開催

○研修テーマ: 「ハラスメント問題の考え方」 - 加害への対応の経験から -
○講   師:

中村 正 氏 立命館大学 教授

平成27年09月10日(木)14:30~16:30

平成26年度 人権研修会(一般研修会)開催

○研修テーマ: 「キャンパス・ハラスメントの理解と対応 -グループワークによる相談事例の検討を通してー」
○講   師:

杉村 直哉 氏
京都文教大学キャンパス・ハラスメント相談室・外部相談員、 法人アカデミック・ハラスメントをなくすネットワーク相談員

平成26年09月11日(木)14:00~16:00

平成25年度 人権研修会(一般研修会)開催

○研修テーマ: 「ハラスメントのない大学つくり」
○講   師: 御輿(おごし) 久美子 氏
奈良県立医科大学 女性研究者支援センター 特任教授
NPO法人アカデミック・ハラスメントをなくすネットワーク代表理事

平成25年09月12日(木)14:00~16:00

平成24年度 人権研修会(一般研修会)開催

○研修テーマ: 「人権文化の深化のために」
○講   師:

天根 俊治 氏
奈良芸術短期大学 副学長  

平成24年05月24日(木)18:00~20:00