morebtn_bgfblinetwscope-invertscopepagetop_arrowblog-latestmorebtnvtickpagenextpageprevpagetophsjhshomecresthshomejhskindamasteruniv

学校案内

学校案内

沿 革
1917 (大正6年) 樟蔭高等女学校設立認可
専攻科設置認可
1921 (大正10年) 高等科設置認可
1925 (大正14年) 樟蔭女子専門学校設置認可
1930 (昭和5年) 女専家庭科設置認可
1967 (昭和42年) 創立50周年式典を行う
1997 (平成9年) 創立80周年式典を行う
附属幼稚園新園舎竣工
2004 (平成16年) 中学校コンピューター教室完備
2006 (平成18年) 樟蔭中学校・高等学校 オール電化調理実習室完備
2007 (平成19年) 創立90周年を迎える
2008 (平成20年) 樟蔭中学校 選抜特進コース開設
2011 (平成23年) 樟蔭中学校 身体表現コース開設
樟蔭高等学校 児童教育コース、健康栄養コース開設
2015 (平成27年) 樟蔭中学校 総合進学コース開設

樟蔭高等学校
進学コース「看護医療専科、言語文化専科」開設
健康栄養コース「フードスタディ専科」開設
2016 (平成28年) 樟蔭高等学校 健康栄養コースを「フードスタディコース」に改編
2017 (平成29年) 樟蔭学園は創立100周年を迎える
2018 (平成30年) 樟蔭中学校 選抜特進コースを「国際教養コース」に改編


建学の精神

高い知性とゆたかな情操を内包し、

自らの意志をもって行動出来る女性を育てたい。

変わることなく継承されるのは、建学の精神です。


女子教育の樟蔭であるということ

昨今の日本経済の急激な発展や科学の発達は、物質的にも情報的にも、あり余る豊かさを私たちにもたらしています。しかし、思いもよらぬ代償として、新たに心の問題が浮上してきました。
人との関わりをもとうとしない態度や、迷惑を考えない自分本位の考え方、人に対するいたわりの感情が欠けた、悲しい風潮が世の中を覆っています。
それは、社会全体が走りづめのスピードの中でふりまわされ、私たちがこれまで受け継がれてきた、大切なことを置き忘れてきたことがひとつの要因ではないかと考えています。

近年ますます女性の地位が向上し、男性と対等に働く女性が増えています。学びの場においてもそういう自分をしっかり持った女性の教育が必要です・しかし、そこで大切なのは、けっして女性の男性化を目指すのではなく、男女それぞれが長所を認めあい、尊重しながら、協力しあうことが最も重要であると私たちは考えます。女性本来がもつ素晴らしい能力、特性を伸ばすことを、本校では第一の目標に掲げ、女子の教育校としての一貫したスタンスを持ち続けてきました。そのため、私学ならではの充実した教育組織・教育環境の充実はもちろん、明るく、知的で、のびのびとした、しかも規律のある清々しいひとりの女性の教育をはかっています。
樟蔭学園は、女子教育の学校です。


校長挨拶

「樟蔭」という校名は、鎌倉時代から南北朝時代にかけて活躍した武将「楠木正成」と、その妻である久子(お久の方)に本校が敬意を示し、特に久子を現代にも通じる理想的な女性像とし、彼女のような女性を育成したいと願い、名付けられました。

本校の建学の精神は「知・情・意」兼備のこころ豊かな女性の育成を目指すこと。「知」とは高い知性、「情」は豊かな情操、「意」は強い意志を表しています。

したがって、本校の目指すところは、しっかりとした学力や、礼儀や身だしなみをはじめとする教養はもちろん、優しさや思いやりを持ち、精神的にも自立した女性を育てることです。

昨年度、創立100周年を迎えた長い歴史と伝統に支えられた落ち着いた学園の中で、生徒たちは授業やクラブ活動、学校行事に日々全力で、まさに樟蔭らしく取り組んでいます。

樟蔭生たちが、将来、さまざまな面から社会をしっかりと支えられる女性として成長することを、心から期待しています。

樟蔭中学校・高等学校 校長

楠野宣孝


樟蔭の指導方針

しっかりとした生活習慣と、基礎学力を身につける

樟蔭での日々の学習のなかで、生徒たちそれぞれが「小さな目標や課題」を持ち
成功体験を積み重ねることを大切にしています。基本的な生活習慣と基礎学力を身につけ、
そのなかで培われる「努力すれば叶う」という自信が、
将来きっと生徒それぞれの夢の実現につながります。

POINT 1

「Little Lady」を育てる生活指導

自分を大切にし、他人の違いを認め思いやりの心を持てる「Little Lady」を育てるために、日常の小さなことを大切にします。それらは「基本的生活習慣を身につけること」、「ルールを守ること」、「マナーを身につけること」です。これらを自ら考え実行できると自分に自信を持つことができ、その自信が誇りとなり、さらに思いやりのある心も育ちます。豊かな内面は社会で必ず通用します。

POINT 2

樟蔭レッスン

品位ある素敵な女性を育てるために、日頃の授業とは別にホームルームの時間を利用して「樟蔭レッスン」を実施。本校の教員や外部講師の講演会で、中高生にふさわしいさわやかなあいさつ、思いやりの心、正しい言葉づかい、美しい振る舞い、また現代を生きる女性にまさに必要な礼儀作法、さらにはしっかりとした教養を身につけ、真の「Little Lady」を育てます。

POINT 3

生活学習ノート

樟蔭の生徒たちは全員「生活学習ノート」を携帯しています。このノートに生徒は日々の出来事や学習計画を毎日記入。担任はそこから日々の様子を把握し、アドバイスを伝えます。生徒の小さな変化をいち早く知り、素早く対応することも可能。保護者にも目を通してもらい、生徒と教員、保護者の信頼関係を築くノートとなっています。

POINT 4

プライドカード

「表立って表彰されることはないけれど、自分のため、人のために頑張っている」。そんな生徒に贈る小さな表彰状です。担任や顧問から推薦を受けた生徒へ校長が1枚ずつ自宅に送付します。学習面や生活面、褒める内容は多岐にわたります。一人ひとりの頑張りを見逃さず、生徒の成長を保護者の方と共有しながら、小さいことでもこつこつ継続して頑張れる姿勢を育みます。

POINT 5

樟蔭スタイル

クラス編成はコース別のクラスではなく、混合クラスを編成する「樟蔭スタイル」を導入。一つのクラスに異なるコースの生徒が在籍し、日頃から目標や取り組みが異なる仲間と交流し、お互いに刺激を受けることで、幅広い視野と社会性が備わります。また、進級時にはクラス替えをするため、新たな気持ちでスタートし、3年間いろんな個性を持った仲間と良好な友人関係を築くことができます。

POINT 6

個別学習指導

学力を向上させるために、樟蔭では一人ひとり細かな指導を行っています。各教科での学び、宿題やテストの結果など日頃の学習内容を教科担当が把握。その情報を学年チーフや各クラス担任と共有し、連携を図りながらきめ細かくサポートしています。さらに必要であれば個人懇談を行い、心配事や悩み事もケア。「常に先生が見守ってくれている」安心感が学力アップにつながります。

POINT 7

全クラスに電子黒板

より魅力的な授業を実現するために、グループ学習を導入し、全クラスに電子黒板を設置しています。電子黒板を活用した先進的なアクティブラーニングを積極的に行うことや、Google classroomの活用によって、生徒が授業を楽しく受け、内容を深く学びます。教師から生徒への一方向のみでなく、生徒同士の学び合いを大切にしています。生徒が授業の主役で、主体的に考えられるように教師はサポートします。

POINT 8

進路希望を100%実現

各コースの特色を出した行事で自分の未来について考えることをはじめ、3年間を通じて発達段階に合わせた進路HRやキャリアHRを行うことで自分自身について知り、一人ひとりが自分の未来と向き合います。懇談を通じて、大阪樟蔭女子大学の内部特別推薦、外部大学の指定校推薦を活用したり、国公立大学・難関・中堅私立大学を含めた進路希望の100%実現をサポートしていきます。

朝の学習

読書への取り組み

検定への取り組み

人権行事

清掃活動

テーブルマナー講座