morebtn_bgfblinetwscope-invertscopepagetop_arrowblog-latestmorebtnvtickpagenextpageprevpagetophsjhshomecresthshomejhskindamasteruniv

コースとカリキュラム

国際教養コース

確かな英語力を身に付け難関大学突破を目指す

独自の英語教育プログラムを通して豊かな国際感覚を身に付け、難関大学突破も視野に入れた多様な進路希望に対応します。

3年間のカリキュラム

上記のカリキュラムは、変更されることもあります。また、夏休み・冬休みの長期休暇中の授業は含まれておりません。

OVERVIEW

【豊富な英語の授業時間】

全学年共、英語の授業は週6時間。総合的な学習【GSレッスン】(週2時間)も合わせると、英語を学ぶ時間は実に8時間にも及びます。英会話はもちろん、英語で長時間のプレゼンテーションができることまでを目指します。



【GSレッスン】

週2時間の「総合的な学習」の授業。国際理解教育や外国人講師によるプレゼンテーション力の育成など、英語に関する幅広い技能を身に付けると共に、これからの社会で重要視されるグローバルな視野を養います。



【英語教育センター(ELTC)】

英語教育センター(ELTC)では、常駐のネイティブスピーカーと英会話を楽しんだり、英検やTOEICなど各種試験に関するサポートを受けたり、海外留学の相談をしたりできます。昼休みや放課後に利用できます。



【樟蔭フォローアップ講座】

週に2~4コマ(1コマ25分)、平常授業後の7時間目に、希望者対象の学力充実講座【樟蔭フォローアップ講座】を開講。英語と数学について応用発展クラスと基礎力充実クラスに分かれ、学習の着実な習得が図れます。


国際教養コースの取り組み

21世紀型能力の向上

現代のグローバル社会を担う人材には「思考力・判断力・表現力」が求められます。本コースでは来たる2021年型の新たな入試を見据え、より高い英語力を身に付けるために英会話学校の運営などを展開するBerlitz(ベルリッツ・ジャパン株式会社)と連携し「プレゼンテーション講座」を設けています。これにより、「話す」「書く」「聞く」「読む」の4つの能力が高まると共に探求心が養われ、21世紀型スキルを身に付けた人材に育ちます。

自分と向き合う2時間!

平日の放課後16時から18時までの2時間、自習力と主体性を培う場として自習の場を設けています。毎学期、中学1年生から3年生まで希望者を募って自習に取り組みます。授業の後「もうひとふんばり!」をする場所です。もちろん、分からない所の質問などにも教員が対応しています。ここでは、単に勉強するだけではなく、自分の夢に対する思い、甘さや厳しさを意識することもできます。タフな女子になれる場所です!

樟蔭での生活で、時間の使い方が上手になりました
平田 茜 さん 中学2年生

私は小学校を卒業するまで長野県に住んでいました。樟蔭入学時は友達がおらず心細い思いでしたが、樟蔭スタイルのおかげで他コースのみんなと同じクラスになり、すぐにたくさんの友達ができました。選抜特進コースでは、英単語や漢字を着実に覚える終礼テストや、勉強のまとめをする毎週の週テストがあったため、自分の苦手なところがすぐにわかり、次の勉強に活かすことができました。行事も多彩で、充実した日々を送っています。

生き方全般の学びがあった充実の6年間でした
川﨑 可奈 さん 国際教養大学 国際教養学部

樟蔭はどの先生も親身になってくださる、面倒見の良い学校です。私が6年間で養うことができたのは、学力はもちろんですが、それ以外にも時間の使い方、自己管理の仕方、協調の仕方、コミュニケーションの方法など、生き方全般に関わるものでした。そして、6年間のサポートのおかげで、自分の進路を見つけ、それに向けて努力することができました。充実した環境を与え、成長させてくれた樟蔭に感謝しています。出会った多くの人との絆を大切にしながら、自分の将来を充実させていきたいです。

行事に勉強に、全力で取り組み楽しむことができました
森田 百花 さん 神戸大学 国際人間科学部 子ども教育学科

私は大学受験を考えはじめた当初、自分の学力に見合った、確実に合格できる大学を志望していました。しかし、担任の先生に、自分の学力では突破が難しい大学を紹介され、「挑戦してみないか」という言葉に刺激を受け、難関大学を志望することにしました。樟蔭では中学から先取り学習をしていたので、基礎理解に困らず、発展的な問題でもスイスイと解いていくことができました。そして、難関大学に合格しました。自分では届かないと思っていた大学に合格できたのは、樟蔭の6年間の生活で受験対策がしっかりできたからです。

国際教養コースの日々の活動の様子をブログでご覧いただけます。