morebtn_bgfblinetwscope-invertscopepagetop_arrowblog-latestmorebtnvtickpagenextpageprevpagetophsjhshomecresthshomejhskindamasteruniv

コースとカリキュラム

国際教養コース

2019年度より特進コースより名称変更
国公立大学・難関私立大学への現役合格を目指す!

国公立大学、難関私立大学、中堅私立大学など、希望進路の1 0 0%実現を目指します。
長期休暇中や放課後に補習等も行い、確実に学力をつけます。
コース内での切磋琢磨を通じて、自己を律する精神力や共に学ぶ他者への感謝、思いやる心等も育み、心身共に自立した女性を育成します。

進学実績

大阪大学 法学部,医学部 /神戸大学 医学部,海事科学部,工学部/国際教養大学 国際教養学部/大阪府立大学 地域保健学域/大阪市立大学 法学部,商学部/大阪教育大学 教育学部/奈良女子大学 生活環境学部,理学部/奈良県立医科大学/徳島大学 医学部/帯広畜産大学 畜産学部 ほか
同志社大学/関西大学/関西学院大学/立命館大学/明治大学/中央大学/近畿大学/甲南大学/龍谷大学/大阪医科大学/関西医科大学/関西外国語大学 ほか

1年:受験・大学を知る/2・3年:受験勉強へのスタートダッシュ

夏の合宿

1年生は全員参加で実施されます。受験に関する知識を付けること、またそれに向けての意識付けを目的としています。大きく変わる受験制度の中で、自分には何が必要かを知ることができます。大学見学も実施しており、未来の自分をイメージすることもできます。2・3年生は希望制の参加としており、特に3年生にとっては、本気で受験勉強をスタートさせる夏休みの良いきっかけとなっています。

3年間のカリキュラム


OVERVIEW

確認テスト

毎日、朝の10分と終礼の10分を用いて、「リスニング(英語)」「単語テスト(英語・国語)」「計算テスト(数学)」など、学習が習得できているか、確認を行います。日々、定着の確認を積み重ねることで、基礎が確実に身につきます。



特別時間割

夏・冬・春の長期休暇を利用した「特別時間割」を作成し、多彩な授業や講座を受けます。十分な授業時間を確保することで、学力の定着と向上を目指します。2・3年次には、志望校や受験科目に応じた講座を実施することで、合格水準の学力を身につけていきます。



補習と文理選択

1年次には、補習の時間に本コースの学習内容をすこしずつ先取り学習することで、学びのつまずきを防ぎます。2年次に向けては、高度な学習がスムーズに進められるよう文系・理系に分かれます。学校と一致団結して、第一志望大学への現役合格を目指します。



自習室の開放

放課後や夏・冬・春の長期休暇中に「自習室」を開放しています。授業中に十分な理解ができなかった部分が、自習時間で克服できます。開放時間は午後6時までですが、許可を得た生徒は午後8時まで居残り自習が可能です。また、常駐する教師に、受験勉強に関する質問や相談などをすることもできます。


大阪樟蔭女子大学健康栄養学部への進学希望者は国際教養コースへ

大阪樟蔭女子大学健康栄養学部では健康と栄養を学び、“食”に対する2つのアプローチを展開。「管理栄養士専攻」では、徹底した国家試験対策により、管理栄養士試験の合格率は毎年トップレベル。医師免許を持つ複数の専任教員を擁し、臨床に強い人材輩出にも力を入れています。「食物栄養専攻」では、栄養士・栄養教諭・家庭科教論のトリプルライセンスやフードスペシャリストといった資格取得が可能です。

目指せる資格・免許

管理栄養士専攻

管理栄養士国家試験受験資格(卒業と同時に受験資格取得)・栄養士・栄養教論1種・学芸員・司書・食生活アドバイザー ほか

食物栄養専攻

栄養士・フードスペシャリスト・栄養教論2種・学芸員・中学校・高等学校教論1種(家庭)・司書・司書教論・食生活アドバイザー ほか

大阪樟蔭女子大学の健康栄養学部健康栄養学科への進学を目指している人には、管理栄養士国家試験合格に必要な学力養成を主眼とし、国語、数学、理科などの教科を徹底指導いたします。

手厚い指導で身に付く学習意欲
三浦 咲愛さん 高校2年生

国際教養コースでは、自分から学習に取り組む力と姿勢を身に付けることができます。中学生の頃はあまり勉強をしていなかった私も、毎年夏に行われる合宿がきっかけで、勉強への姿勢が変わりました。他にも、1年生から受験を視野に入れ、進路HRや懇談が多く行われているので、自分の進路を考える機会がたくさんあります。国際教養コースに入学したことで、毎日しっかりと将来を意識して勉強に取り組めています。

同じ志を持った友達がいることが勉強する励みになりました。
小澤 亜優さん 同志社女子大学 現代社会部 社会システム学科

私は中学生の頃、勉強に苦手意識を持っていました。しかし、樟蔭高校の特進コースに入学してからは勉強することに意欲的になり、3年間で何よりも頑張ることができました。勉強する環境が整っていたことに加え、先生方も分からないことに対して丁寧に教えてくださったからだと思います。同じ意識を持ったクラスメイトがいたことも私が勉強を頑張れた大きな理由です。これからは樟蔭で学んだことを生かして、大学生活も有意義に過ごしていきたいです。