学校案内

学長・副学長挨拶

学長挨拶

 樟蔭高等女学校の創設(1917年)以来、「『高い知性』と『豊かな情操』を兼ね備えた社会に貢献できる女性の育成」を目的とする建学の精神とともに樟蔭学園は100年の歴史を刻みました。大学におきましては、「美(知性・情操・品性)を通して社会に貢献する
~美 Beautiful 2030~」というグランドデザインを提示しました。

 これは、学園の100年間培ってきた建学の精神に則り、現代からこれから将来に向かって歩むべき方向性を、社会が大学に求めている使命を基に具現化する一歩として示したものになります。今後、教育、研究、社会貢献などのビジョンに関して、具体的にやるべきことをスケジュール化していき、高等教育機関として若い人材を社会に輩出していきます。さまざまな社会の場において、知性美・情操美・品性美を兼ね備えた人間関係の要となる女性を育てていきます。

 今後、学園とともに大学も次のステージに向けて様々な改革を通して時代に対応した女子教育への取り組みを進めています。社会に存在価値がある大阪樟蔭女子大学として認めていただけるよう努めてまいりますので、今まで以上に皆様のご支援ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。


副学長挨拶

 樟蔭学園は、1917年、創立者・森平蔵の熱き想いと初代校長・伊賀駒吉郎の高い理想の下に誕生しました。以来100余年、時代の変化に対応しうる「高い知性と豊かな情操を兼ね備えた女性の育成」を目指して、教育に取り組んでまいりました。大学もまた、1925年、前身となる樟蔭女子専門学校が設置認可されて以来、女子の高等教育機関として、その一翼を担ってまいりました。

 私たちは、グローバル化、情報化、少子高齢化といったこれまでに経験したことのない変化に直面しています。東日本大震災とそれにともなう原子力発電所の事故を経験して、自然災害やエネルギー問題にも向き合って行かねばならないことに気づかされました。さらに昨年来の新型コロナウィルスの感染拡大によって、これまでの日常が当たり前では無かったことにも気がつきました。また、「女性活躍推進」が唱えられてはいるものの、女性が生き生きと活躍できる社会へ変わっていくには、いまだ遠いところに立っているようです。

 本学のミッションは、「自律的な生き方ができる人」「『知恵』を身につけた人」「人間関係の要となる人」を育成することです。それは、これからの持続可能であるとともに、誰もが自分らしく生きることができる社会を担う女性の輩出を目指したものに他なりません。100年の歴史と伝統を礎に、“樟蔭”ならではの教育を展開してまいります。みなさまのご支援を、どうぞよろしくお願い申し上げます。

副学長  白川 哲郎

学修支援、点検・評価、人事担当
副学長  白川 哲郎


 大阪樟蔭女子大学は、建学の精神を受け継ぎ「『高い知性』と『豊かな情操』を兼ね備えた社会に貢献できる女性の育成を目指してまいりました。そして一昨年、創立70周年の節目を迎え、未来に向けて新しい歴史を築いていくためグランドデザインを策定し、“美 Beautiful” をスローガンに「美を通して社会に貢献する大学」として新たなスタートを切りました。今後、大阪樟蔭女子大学は、“美 Beautiful” のもと、(知性・品性・情操)美を兼ね備えた社会で要となる女性の育成を行うとともに研究面でも美を通じて社会に貢献していきます。

 コロナ禍により世界の社会の仕組み、人々の生活様式がこれまで考えられなかった変化が起きている中、我が国においては、少子・高齢社会の問題、ストレス社会、さらに、ジェンダーの問題やSDG’sの推進など多くの問題点や課題が山積しています。大阪樟蔭女子大学は、美を通じてこれらの諸問題に立ち向かえる女性の育成を行っていきます。

 一方、研究面で “美 Beautiful” を具現化するため、昨年、樟蔭美科学研究所を設立しました。ここでは美に関する研究であれば自然科学、人文科学、社会科学の分野を問わず、また学外の研究者とも連携して美を通じて社会貢献できる研究を推進してまいります。
 今後とも皆さまのご支援をよろしくお願いいたします。

学術研究支援、国際化推進担当
副学長 高田 定樹


 現在の日本社会は、人口が減少しつつあるだけでなく、世界で最も高齢化率の高い社会となっており、現在の大学生が社会の中堅となる20年後には、65歳以上の人が3人に1人以上になるといわれています。高齢化だけでなく、50歳まで一度も結婚したことがない人の割合は、1990年代から急激に上昇し、2015年には男性23.4%、女性14.1%まで上昇しています。このような社会の急激な変化に、異なる前提の元で設計された制度が対応しきれていない現状があります。大学も例外ではありません。

 しかしながら、昨年は期せずして、これまで課題としては認識されていたものの、なかなか取りかかることができなかった部分について、大学は変わることを強いられました。この変化を元に戻すのではなく、時代に合ったものとして再構築していくことで、社会からの期待に応えていかなくてはなりません。

 欧米先進国に追いつくことが優先された時代に女性の高等教育の必要性を見抜き、変化に対応しつつ社会を担っていく女性の養成をめざした設立時の精神を受け継ぎ、データにもとづいて、そのときどきの課題に自ら取り組み、自己実現をめざすとともに、主体的に考え行動することで,社会に貢献できる女性を育成していきたいと思います。
 今後とも、ご支援のほど、よろしくお願い申し上げます。

副学長 竹村一夫

入試・広報・IR担当
副学長 竹村 一夫

 誰もが逆らえない新型コロナウイルス感染症の波が突然押し寄せ、私たちは「新しい生活様式」に適応しつつ過ごすようになりました。画面越しの関係を通して、人間同士のぬくもりのあるつながりが、いかに人の心を支えるかに気づき、「当たり前」を手放さざるを得ない苦しさをいまだに感じながら日々を過ごしています。そのような大きな変化の中で、多くの学生が果敢に学びを継続したことは称賛に価すると感じています。この体験は、私たちにとってどのような意味を持つのでしょうか。

 「樟蔭美」をキーワードとしてグランドデザイン「美Beautiful ~美を通して社会に貢献する~」が掲げられ、2030年に向けて大学の教育・研究の改革が進められています。今年度からは2015年9月の国連サミットで採択されSDGs(SustainableDevelopment Goals(持続可能な開発目標))に基づいた国際社会共通の目標に目を向けて建学の精神に則り、様々な取り組みを行っていきます。学生たちの成長を支える基盤となる大学のあり方を常に見直すことと並行して、学生一人ひとりの課題に対して、学びと成長の機会を充実させていくことが重要です。人生100年時代を生きる女性として、まずは自分らしさの第一段階を手に入れて本学を巣立ってほしいと考えています。

 赴任以来、折々に実感することは、本学が卒業生をはじめとする多くの方々の「樟蔭愛」に支えられているということです。持続可能な「樟蔭愛」を育み、新たな伝統を築いていくために力を尽くして参ります。どうぞお力添えの程、よろしくお願い申し上げます。


学生支援・地域産官学連携担当
副学長 高橋 裕子