大学案内

教育理念/指針

大阪樟蔭女子大学は建学の精神に基づいた教育を行ない、次のような女性を育てます

  1. 自ら情報を収集・精査し、広い視野からものごとを判断し、自らの道を切り拓く自律的な生き方ができる人。
  2. 堅実で心豊かな社会生活を営むことのできる「知恵」を身につけた人。
  3. 職場・家庭・地域社会において人間関係の要となる人。

「建学の精神」については、下記のページに掲載しております。ご確認ください。


教育研究上の目的

広く一般学科に関する知識を授くると共に、深く専門の学術技芸を教授研究して知性を磨き女性としての豊かなる情操と高き品性とを養成するをもって目的とする。

ディプロマポリシー

大阪樟蔭女子大学の教育課程においては、厳格な成績評価を行い、所定の単位を修め、次の能力を備えた学生に卒業を認定し、学位を授与する。

  1. 基礎的な教養および、社会生活を営むのに必要な汎用的な能力
  2. 専門分野の知識及び技術
  3. 修得した知識や技術を統合し、問題解決と新たな価値の創造につなげる能力。また生涯に渡って学び続ける力と姿勢。

カリキュラムポリシー

大阪樟蔭女子大学の教育目的を達成するために以下のカリキュラム編成を行う。

  1. 幅広い教養を身につけられるように、すべての学生が履修する全学共通カリキュラムとして、学士課程基幹教育科目を設置する。
  2. 高度な専門知識を体系的に学べるように、学科専攻科目を設置する。
  3. 学際的な視点を養うことを目的として、専攻分野の枠を超え広く関心のある科目を履修できるように、他学科履修・副専攻の仕組みを置く。
  4. 得られた知識の活用能力、論理的思考力、問題解決力、情報リテラシー、数量的スキル、コミュニケーションスキルなど、堅実で心豊かな社会生活を営むのに必要な汎用的な能力を育成する科目を置く。
  5. 自己管理力、チームワーク・リーダーシップ、倫理観、社会的責任、生涯学習力など、女性が自律的に生きるための態度・志向性を育む科目を置く。
  6. 女性が自己の確立を目指し、主体的に自らのキャリアを形成する能力・姿勢を育成するための科目を、キャリア系科目として置く。
  7. 修得した知識や技術を統合し、問題解決と新たな価値の創造につなげる能力・姿勢を育成するための科目を、統合的学習経験科目として置く。また、卒業研究・制作を全学必須とし、少人数授業の強みを活かした個別指導を行う。

アドミッションポリシー

「心豊かで創造的な人生設計ができ、あらゆる社会的な場で人間関係の要となる社会に貢献できる自律した女性の育成」というミッションに賛同し、各学部学科が示す要件を満たす学生を求めています。

学部・学科ごとの教育研究上の目的および3つの教育方針

学部・学科ごとの教育研究上の目的および3つの教育方針(※)については、下記をクリックすると、直接ご覧いただけます。

※アドミッションポリシー、カリキュラムポリシー、ディプロマポリシー