学生生活

成績評価・卒業要件

成績評価

素点グレードGP 
100 ~ 90 S 4 合格
89 ~ 80 A 3
79 ~ 70 B 2
69 ~ 60 C 1
59 ~ 0 D 0 不合格
合格 P - 合格
不合格 F - 不合格
認定 Q - 合格

成績の評価は、上記の他に下記の評価が含まれます。

素点グレードGP
評価無 N 0
履修中止 W -

※GPとは

「GP」とは、「Grade Point」の略で、履修した科目の成績評価に対応する評価点です。
これをもとに、GPA (Grade Point Average) を算出します。

成績をもとにPPA(Percentile Point Average)、GPA(Grade Point Average)を算出し、学科成績とともに通知します。
PPA(履修科目の単位数×素点(100点満点))の総和を履修科目の総単位数で割った値。
GPA(履修科目の単位数×評価ポイント【GP】)の総和を履修科目の総単位数で割った値。
なお、履修中止の手続きをした科目、認定となった科目は、算出の対象とはならない。

※履修中止について

受講登録をしたが受講してみた結果、単位の取得を希望しない場合、履修中止を認めます。
履修中止の手続きをした場合、その科目は「成績」の判定対象から除外します。
ただし、一旦手続きが完了した場合は履修中止の取り消しは認めません。

成績通知

毎年度春期(9月初旬)および秋期(3月中旬)に、成績通知書を配付します。
※「成績通知書」「学科成績表」をサイト上からダウンロードが可能です。

また、1回生から3回生の学年末(3月下旬)には、保護者に対して総修得単位数が記載された成績通知書を郵送します。

単位認定

履修登録科目の単位認定は、授業科目担当教員がシラバスに示した方法により総合的に行います。
※大学コンソーシアム大阪単位互換協定にもとづき履修し修得した単位は、卒業に必要な科目として計算します。
※副専攻の履修による単位については、最終的に副専攻の認証がなされたかどうかに関わらず、最大30単位まで卒業要件単位として計算します。

進級要件

2年次末において、卒業要件にかかる科目単位を49単位以上修得しなければならない。
必要な単位を修得できなかった場合は進級できません。

また、自主的に原級に留まることを希望する自主留年については以下を参照してください。

 


卒業要件

  1. 本学に4年間在学すること
  2. 必修科目のすべてと選択必修科目の指定された単位数を修得すること
  3. 次の表の単位を修得すること

卒業に必要な単位

【学芸学部】

学士課程基幹教育科目
(教養教育科目)
所属学科専攻科目合計
32単位以上 62単位以上 124単位以上

【児童学部】

学士課程基幹教育科目所属学科専攻科目合計
18単位以上 62単位以上 124単位以上

【健康栄養学部】

■管理栄養士専攻

学士課程基幹教育科目所属学科専攻科目合計
18単位以上 70単位以上 124単位以上

■食物栄養専攻

学士課程基幹教育科目所属学科専攻科目合計
18単位以上 62単位以上 124単位以上

上記内容は、平成29年度入学生向けです。過年度の内容については、原則として、入学年度の学則によります。(学則については、学生便覧内に掲載)

ただし、入学後に改正された学則が適用される場合もあるので、次年度以降は履修ガイドを必ず確認してください。

授業科目に対する単位数及び必修・選択必修・選択の区別は、在学生に配布している履修ガイドまたは学生便覧に掲載しています。受講登録については、履修ガイドに履修方法や注意事項等など掲載しているので、熟読のうえ、おこなってください。