国際交流

日本語教育課程向け研修

本学では、将来日本語教師として活躍することを目指す学生を対象に、海外の日本語教育機関で教育実習を行っています。実習先は、アメリカ・ポーランドの2ヶ国で、海外の日本語教育の現場を体験し、実践力をつけるプログラムです。また、英語の運用力を高める為の講座も受講することができます。

※戦争・感染症その他の理由で、渡航が危険と海外研修主催者側が判断した場合、催行を中止いたしますので、あらかじめご了承ください。

フレズノ州立大学 [カリフォルニア州立大学フレズノ校] 中期研修
 (アメリカ・カリフォルニア州・フレズノ市)

フレズノ州立大学
期間 8月中旬~12月中旬(4ヶ月)
応募資格 【日本語教育実習コース】
日本語教育課程の科目を一定数修得済みまたは履修中
授業内容 フレズノ州立大学の言語学科の日本語授業に教育実習生として参加し、アメリカの日本語教育の現場を体験し、実践力をつけます。
宿泊先 大学寮
募集人員 1名以上(ただしTOEFL ITP 400点以上必要)
費用

約140~145万円(授業料・寮費・渡航費を含む) 

※平成28年度概算、外国為替レートの変動により費用が異なる場合がございます。

※日本語教育実習コースは、国際交流基金から費用の一部助成が受けられる可能性があります。現在申請中

授業料減免
奨学金
このプログラムに参加し、定められた手続き及び条件を満たした者に対し、研修終了後に本学の授業料30万円を減免する制度があります。また、TOEFL-ITPの成績により、10万円を別途支給する学内奨学金制度があります。
詳しくはこちらをご覧ください。
また、国際交流基金から一部留学費の助成が受けられる可能性があります。
選考方法 面接(英語、日本語)・学内成績・TOEFL-ITPのスコア
取得単位 16単位
募集 9月
選考時期 11月頃に英語と日本語で面接を行った後、 3月の教授会にて最終決定が下されます。

参加決定後は、数回の事務手続きに関わるミーティングや英語の事前レッスンを行いますので、必ず参加してください。

フレズノ州立大学中期研修日本語教育実習コース私は大学入学当時から日本語教育に興味があり、将来は日本語教員になることも視野に入れているので、日本語教育実習コースのプログラムで留学しました。主に授業内で先生のアシスタントをしますが、実際に授業をする機会がありました。また、授業外でもConversation Hourといって日本語を教える時間が週に1回、1時間ありました。この時間は日本語を学習している学生たちとコミュニケーションをとるための良い機会になりました。また、教える内容や教え方を考えるのは大変でしたが、その分責任感や指導方法を身につけることができました。日本語教育実習だけではなく、自分のレベルにあったクラスで英語の勉強もしっかりすることができます。「日本語教育について興味がある!英語の勉強もしたい!」という学生はこのコースで留学することをおすすめします。この4ヶ月、とても充実した時間を送ることができました。また、将来の夢に近づくための良い機会になりました 。

A.O.さん

 

オークランド日本語実習私がオークランドでの日本語教育実習プログラムに参加したのは、授業だけでは日本語教師という仕事がわからなかったので、実際に自分の目で確かめたい!と思ったからです。
大学では日本語だけでなく日本文化や古典などの幅広い授業を見学しました。また、放課後に先生方から特別授業をしていただけるなどの貴重な体験をしました。
高校では実際に日本語の授業を行い、教えることの難しさ、退屈そうに授業を聞いていた子が、次第に日本語に興味を持ってくれた時の嬉しさを知りました。
この実習を経験し、日本語教師になりたいという思いが生まれたとともに、もっと日本の言葉や文化を勉強したいと思いました。

M.S.さん

アダム・ミツキェヴィチ大学 春期短期研修 (ポーランド・ポズナン市)

アダム・ミツキェヴィチ大学
期間 2月下旬~3月下旬 (4週間)
応募資格 日本語教育課程の科目を一定数修得済みまたは履修中
授業内容 アダム・ミツキェヴィチ大学の言語学科の日本語授業に教育実習生として参加し、ポーランドの日本語教育の現場を体験し、実践力をつけます。 英語のクラス授業、個人授業で英語の運用力をつけます。
宿泊先 大学寮 募集人員 1名から
費用 約35万円~40万円(授業料・滞在費・渡航費を含む)

※平成28年度概算、外国為替レートの変動により費用が異なる場合がございます。

※日本語教育実習コースは、国際交流基金から費用の一部助成が受けられる可能性があります。現在申請中

取得単位 3単位
募集 6月 選考時期 7月頃に英語と日本語で面接を行います。

参加決定後は、数回の事務手続きに関わるミーティングや英語の事前レッスンを行いますので、必ず参加してください。

留学の様子4週間という期間はあっという間に過ぎて行きました。ですがすごく濃密な4週間だったと思います。私は民族言語学科で日本語を学ぶ2回生の週2コマの授業を担当させていただきました。漢字を教えたり、一緒に日本語の問題集をしたりしました。また関西弁についての授業もさせていただきました。どんな内容の授業にするのか、どう教えるのかを考えることはすごく大変でしたが、授業中の学生達の笑顔を見ると大変さは吹っ飛び、日本語教員としてのやりがいを感じることができました。またこのプログラムでは日本語教員としての勉強だけでなく、英語を勉強することもできました。週4コマ私たちと先生の2対1で、私たちのレベルに合った英語の授業をしていただきとても贅沢な時間でした。ポーランドの学生は勉学に対する気持ちがとても真っ直ぐで良い刺激になりました。私も負けずにこれから日本語教員課程を主専攻で取り、海外で働くことも視野に入れようと思いました。

国際英語学科 M.M.さん