大学案内

アセスメント・ポリシー

大阪樟蔭女子大学は、教育の成果を可視化し、教育改善を恒常的に行なうことを目的として、アドミッション・ポリシー、カリキュラム・ポリシー、ディプロマ・ポリシーの3つのポリシーに即した評価指標に基づき、学生の学修成果を測定・評価する。

測定・評価は学生の入学時から卒業時までを視野に入れ、機関(大学)レベル・教育課程(学部・学科)レベル・授業科目(個々の授業科目)レベルの3つのレベルにおいて、多面的に行うこととし、各時点・各レベルに評価指標を設定する。

1.3つのレベルのアセスメント・ポリシー

(1)大阪樟蔭女子大学全体のアセスメント・ポリシー

学生の志望進路(就職率、就職満足度等)等から、学生の志望に沿った学修成果が達成されたのかどうかを検証する。検証結果は、大阪樟蔭女子大学の現状把握、全学的な教育改革・改善、学生・学修支援の改善等に活用する。

(2)学部・学科のアセスメント・ポリシー

各学部・学科における卒業要件達成状況、単位修得状況、資格取得状況、GPA、学修ポートフォリオ等から教育課程全体を通した学修成果の達成状況を検証する。

(3)授業科目ごとのアセスメント・ポリシー

シラバスで提示された授業科目の到達目標に対する評価や学生授業評価等の結果から、授業科目ごとの学修成果の達成状況を検証する。授業科目の成績評価は、授業科目の特性や到達目標などを踏まえて、教員がシラバスに明示した評価方法に沿って行う。

2.評価の指標

 

入学前・入学直後

(アドミッション・ポリシーを満たす人材かどうかの検証)

在学中

(カリキュラム・ポリシーに沿った学修が進められているかどうかの検証)

卒業時

(ディプロマ・ポリシーに定める能力を身につけさせたかどうかの検証)

機関レベル
(大学全体)

  • 入学試験
  • 調査書等の記載内容
  • 面接、志願理由書等
  • 新入生アンケート
  • GPA
  • 修得単位数
  • 「学生の学修時間の実態や学修行動の把握に関するアンケート」
  • 「大学に対する満足度調査」
  • 「キャンパスライフについてのアンケート調査」
  • 課外活動状況
  • 休学・退学状況(休学率、退学率)
  • 卒業率
  • 学位授与数
  • 就職率
  • 進学率
  • 卒業時アンケート調査
  • 卒業生へのアンケート調査

教育課程レベル
(学部・学科)

  • 入学試験
  • 調査書等の記載内容
  • 面接、志願理由書等
  • 新入生アンケート
  • GPA
  • 修得単位数
  • 「学士力評価(学生自己評価、教員評価)」
  • 「達成度自己評価」(学修ポートフォリオ)
  • 「くすのき地域協育プログラム」履修状況・修了者数
  • 「副専攻」履修状況・修了者数
  • 資格取得状況
  • 「学生の学修時間の実態や学修行動の把握に関するアンケート」
  • 休学・退学状況(休学率、退学率)
  • GPA
  • 単位修得状況
  • 「学士力評価(学生自己評価、教員評価)」
  • 資格・免許取得者数
  • 国家試験合格者数・合格率
  • 卒業時アンケート調査
  • 卒業生へのアンケート調査

授業科目レベル
(個々の授業科目)

  • プレイスメントテスト
  • 成績評価
  • 「達成度自己評価」(学修ポートフォリオ)
  • 「授業改善のためのアンケート」