大学案内

学長・副学長挨拶

学長挨拶

 樟蔭高等女学校の創設(1917年)以来、「『高い知性』と『豊かな情操』を兼ね備えた社会に貢献できる女性の育成」を目的とする建学の精神とともに樟蔭学園は100年の歴史を刻みました。昨年、大学では「美(知性・情操・品性)を通して社会に貢献する~美 Beautiful 2030~」というグランドデザインを提示しました。

 これは、学園の100年間培ってきた建学の精神に則り、現代からこれから将来に向かって歩むべき方向性を、社会が大学に求めている使命を基に具現化する一歩として示したものになります。今後、教育、研究、社会貢献などに関して、具体的にやるべきことをスケジュール化していき、高等教育機関として若い人材を社会に輩出していきます。さまざまな社会の場において、知性美・情操美・品性美を兼ね備えた人間関係の要となる女性を育てていきます。

 来年、2019年は大学開学から70年目の節目の年となります。今後とも皆様のご理解ご支援を賜り、社会に存在価値がある大阪樟蔭女子大学として認めていただけるよう、努めてまいります。

大阪樟蔭女子大学 学長 北尾悟

副学長挨拶

大阪樟蔭女子大学は、建学の精神を受け継ぎ「『高い知性』と『豊かな情操』を兼ね備えた社会に貢献できる女性の育成を目指してまいりました。これまで本学を巣立った多くの卒業生は様々な分野でその力を発揮して社会に貢献しております。

現在、我が国には、少子・高齢社会の問題、ストレス社会・情報化社会の進化の中での多くの問題が山積しております。このような社会環境において女性の活躍がますます期待されています。心豊かな社会、誰しもが幸福と思える社会を形成するには大阪樟蔭女子大学の役割は非常に重要なものです。

本学の学びは長い歴史の中で形を変え現在に至っております。装いの美を演出する化粧ファッション学科、健康で美しい身体を食により創出する健康栄養学部、ライフプランニング学科、心の美を追求する心理学科、豊かな心の子供を育成する児童教育学部、美しい言葉・表現・コミュニケーションを生み出す国文学科、国際英語学科など「美」によって結びつく学びを特徴とします。 2017年度、学園創立100周年を迎えて大阪樟蔭女子大学は新しい時代に向けてグランドデザインを策定いたしました。“美 Beautiful” をスローガンに「美を通じて社会に貢献する大学」として本学ならではの人材育成を目指しております。

今後とも皆さまのご支援をよろしくお願いいたします。

地域連携推進担当
副学長 高田 定樹


樟蔭学園は、1917年、創立者・森平蔵の熱き想いと初代校長・伊賀駒吉郎の高い理想の下に誕生しました。以来100年の間、時代の変化に対応しうる「高い知性と豊かな情操を兼ね備えた女性の育成」を目指して、教育に取り組んでまいりました。大学もまた、1925年、前身となる樟蔭女子専門学校が設置認可されて以来、女子の高等教育機関として、その一翼を担ってまいりました。

私たちは、グローバル化、情報化、少子高齢化といったこれまでに経験したことのない変化に直面しています。さらに、東日本大震災とそれにともなう原子力発電所の事故を経験して、自然災害やエネルギー問題にも常に向き合って行かねばならないことに改めて気づかされました。また、「女性活躍推進」が唱えられてはいるものの、女性が生き生きと活躍できる社会へ変わっていくには、いまだほど遠いところに立っているようです。

本学のミッションは、「自律的な生き方ができる人」「『知恵』を身につけた人」「人間関係の要となる人」を育成することです。それは、誰もが自分らしく生きることができる社会を担う女性の輩出を目指したものに他なりません。100年の歴史と伝統を礎に、“樟蔭”ならではの教育を展開すべく、新たな歩みを進めてまいります。みなさまのご支援を、どうぞよろしくお願い申し上げます。

副学長  白川 哲郎

学修支援担当
副学長  白川 哲郎


現在の日本社会は、人口が減少しつつあるだけでなく、世界で最も高齢化率の高い社会となっており、現在の大学生が社会の中堅となる20年後には、ほぼ3人に1人が65歳以上という、これまでの人類が全く経験したことのない社会になろうとしています。

このような困難な時代においては、個々人が充実した人生を送ることを通して、社会を支えることにつながっていかなくてはなりません。

また、ますます複雑化し、激しく変化し、将来の見通しが立ちにくくなっている現代社会において、大学に求められていることも多様化しています。大学として、学生はもちろんのこと、社会の期待に応えていかなくてはなりません。

欧米先進国に追いつくことが優先された時代に女性の高等教育の必要性を見抜き、これからの日本を担う女性の養成をめざした設立時の精神を受け継ぎ、生涯自らを磨くことを通じて、自己実現をめざすとともに、主体的に考え行動することで、社会に貢献できる女性を育成していきたいと思います。

ご支援のほど、よろしくお願い申し上げます。

副学長 竹村一夫

学生支援担当
副学長 竹村 一夫